2018.01.14

2018S-WORKS ENDUROに搭載されているNEWギミック。『SWATシステム』

26909897_1553235774797536_725793385_o

2018 S-WOKS ENDUROに搭載されている新しいSWATシステムについてご紹介です。

コラムのTOPキャップに搭載されている『アレ』です。

昨年までは、チェーンカッターが内蔵されていたんですが

実は2018モデルからアップデートされています。

先ずはTOP CAP部分。

画像のように、TopCapを開放するとMini Toolがスプリングに押し出されてきます。

ブレーキレバーの調整やサドル高などの変更重宝しますね。

サドルバックやバックパックからToolを取り出すのは面倒。

また実際のENDUROレースにおいて転倒後のリカバリーには時間の短縮になります。

26853464_1553235624797551_112531065_o

次はユニットを取り外します。

コラム下部より5mmアーレンキーで緩めていくと外すことができます。

上部にあたる左部分に、Toolが収納され、

下部にあたる右の部分はチェーンカッターとなっているんです。

ピンを押し出すロットは、アンカーボルトの代わりに。

26854973_1553235741464206_897282543_o

中間部分でチェーンのプレートを保持できるようになってます。

 

26909974_1553235698130877_560732167_o

コラム最下部にあたる蓋の部分には、ミッシングリンクが予め装着。

あまり使わないチェーンToolですが、アクシデントを考えると必需品。

激しく振動が伝わる車体にしっかりと固定出来る事もメリットの一つ。

また、こういった装備はオーナーの心に深く刺さります(笑

SPECIALIZED ENDUROの、魅力の一つではないでしょうか?

身に付ける装備を減らすことが出来れば、より良いライディングへと繋がります。

SPECIALIZEDが提案するSWATシステム。

次回は、カーボンフレームならではの収納術、SWATドアをご紹介します。

おたのしみに!

実車は店頭にて展示が御座いますので、気になる方はご来店くださいませ。

お待ちしております。