2017.08.20

【カスタマーバイク】CANNONDALE SCALPEL-Si CARBON4

今回はお客様のバイクをご紹介させて頂きます。

DSC_1613

【CANNONDALE SCALPEL-Si CARBON4】

キャノンデールが誇る前後100mmのホイールトラベルを持つフルサスクロスカントリーモデル。アシッドグリーンが鮮やかなフレームですね。見た感じは完成車と大きくは変わらないように見えますが数々のカスタムが施されています!!

DSC_1619

↑【FOX TRANSFER】

マウンテンバイクライド―にとってはもはやスタンダードになりつつあるマストアイテム

ドロッパーシートポスト☆リモートレバーの操作により走行中でもサドルの上げ下げが可能。ヒルクライム、ダウンヒルなどシーンによって望ましサドル高が変わる為ありがたいアイテムです。

DSC_1614

【リモートレバー】

こちらのレバー操作でサドルの上げ下げが可能。

DSC_1611

↑ 最も下がった状態

DSC_1612

↑ 最もあがった状態。

 

DSC_1614

【XTR Di2】(先ほどと同じ写真…)

シマノのMTBでの電動コンポーネントの最高峰XTRに変更! 元々XTがアッセンブルされており分高品質なのですが、こだわりのXTRにカスタム☆

DSC_1615

↑ 外装のDi2バッテリー、シフトワイヤーグロメットが良い位置にあり、スマートな取り回しに出来ました。

DSC_1616

↑ ヘッドチューブへのワイヤー類の入口はそれ用の物が車体に付属しております。ここもスッキリしています。

DSC_1753

↑ 【SHIMANO PRO THARSIS CARBON ハンドルバー】

エレクトリックワイヤーがハンドル内を通すことが出来るハンドルバー、枝葉が当たったり、転倒の可能性が考えられるMTBではエレクトリックワイヤーが外に出ない構造となります。ハンドル周りも非常にすっきりします。

 

DSC_2393

【Di2バッテリーマウント】

注文してから入荷まで長らく待ったパーツ。外装のバッテリーマウントを使用していましたが、専用品でフレーム内部にバッテリーが収納可能になるパーツ、ロードバイクではシートポストにバッテリーが治まるのですが、ドロッパーシーとポストがはいる為フレーム内に収める必要があります。ブラケットにバッテリーを到着し、フレームに挿入、リアサスペンションユニットの取り付け部に収まります。

DSC_2394

このように数々のカスタムを施した【キャノンデール スカルペルsi】こだわりのスーパーバイクになっています。

カスタム・メンテナンス等お気軽に当店までご相談下さい。

 

【2018 CANNONDALE SCALPEL-si CARBON4】

¥490,000(税別)

↓こちらもチェックしてみてください。

※キャノンデールジャパン スカルペルsiサイトはこちらのリンクより確認できます。

※昨年10月に開催した系列店合同でのMTB試乗会イベントレポートはこちら

 

 

◆ GROVE宮前平 ◆

GROVE宮前平FACEBOOK

住所 : 〒216-0006 神奈川県川崎市宮前区宮前平1丁目-7-8 宮前平レジデンス101

TEL : 044-863-7880

FAX : 044-863-7881

EMAIL : info@grove-miyamaedaira.com

営業時間 : 11:00~20:00

定休日 : 毎週水・木曜日

MGMグループ 採用情報