2014.02.21

SPESIALIZED ROVALホイール入荷が待ち遠しい☆

スペシャライズドのカーボンホイール【ROVAL RAPIDE CLX40】の入荷が待ち遠しいです・・・

耐久性、ハンドリング、振動吸収、効率まですべてを高次元にまとめ上げられたROVALホイールは「エクスペリエンスごとに最適な製品を」という哲学にのっとって作られています。

40㎜ミドルハイトのカーボンリムを採用しており、軽量性と空力、横風に対する影響の少なさから使うシチュエーションを選ばない優秀な性能を持ち合わせています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このホイールの設計で重視されているのが空力特性なのですが、限定的な条件でのみで最高の性能を発揮するのではなく風向きの変化に対しての特性の変化が少ない設計をしていること。これが【ROVAL RAPIDE CLX】の特徴と言えます。→乗りやすいんです

実際に乗った際の感覚ですが、個人的にはローハイトリムのホイールと全く変わらない印象でした。

リムの断面カットモデル(60㎜)はこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

強度の必要な部分とそうでない部分の差がよくわかります。

ちなみにこちらはクリンチャー、日常的な管理のしやすさではこちらに軍配が上がります。チューブラーより重量的には少々重くはなりますが利便性を考えると良いですね。日常から使える高性能ホイール☆(1,375g)

こちらに合わせたいタイヤはもちろん SPECIALIZED S-WORKS TURBO 700x24c

クリンチャーのリムで問題になりそうなのがブレーキ面での熱と圧力です、ROVALは完全にオリジナルの樹脂を開発し採用することでブレーキ面への強化をしており問題をクリアしています。

こちらに合わせたいタイヤも、もちろんこちらSPECIALIZED S-WORKS TURBO TUBLAR

 

もちろんチューブラータイプもございます。当然ながらクリンチャーよりも軽く(1,240g)この重量ならヒルクライムも当然のごとく視野に入りますし、空力に関しても有利ですので、本当にいつでもどこでも使えるホイールと言えますね☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハブはDT SWISSの専用設計,スポーク&ニップルもDT SWISS

スポークパターンは フロント:ラジアル リア反フリー側:ラジアル リアフリー側:クロス

リアに関しては、スポークテンションを極力均一になるように2:1のの本数比になっています。

まだウリになっているポイントがございます。

ハブベアリングが、セラミックスピードのベアリングが採用されて抜群に回転抵抗が少なくなっています。

人より早く走りたい方、楽に走りたい方にはこの価格でセラミックベアリング仕様は非常にありがたいですね。

11298

以前にスペシャライズドの試乗会に行った時の写真です。S-WORKS&ROVAL あこがれのバイクがたくさんありました。

よだれものです・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いろいろ書きましたがスペックをまとめるとこのようになります。

リム : フルカーボン、40㎜ハイト、リム幅23㎜

ハブ : DT SWISS専用設計、フロントカーボンハブ、セラミックスピードベアリング採用

スポーク : DT SWISS DTレボリューション、バテッド、ストレートプル

フロント18本、リア24本(2:1レシオ)

ニップル : DT SWISS

ホイール重量 : クリンチャー 1,375g / チューブラー 1,240g

ライダーの体重上限 : 108kg

 

価格 : メーカー価格¥241,500 ⇒GROVEキャンペーン(店頭にてお問い合わせください)