MTB


自分史上、殿堂入りしたハンドルバー『 RENTHAL 』

2018.Nov. 5

S-WORKS純正装備のCARBON BARを使用していて全く持って不安など感じていなかったのですが、

STEMのレングスを、50mmに伸ばすのを切っ掛けに35Φへアップデート。

そこで悩むのが、ど~のハンドルバーメーカーいするのか。

CARBONである事と、信頼性が高いという事。

そこでセレクトしたのが『 RENTHAL 』

エンジン付き2輪車業界では、日本国内メーカーにアルミ製ハンドルバーを

OEM供給していた実績があるんです。※今回はカーボンですが(笑

OHLINSにRENTHALの2ショットにはグッときますね☆

ハンドルバーは、FATBAR “LITE”CARBON 760mm/35Φ

ステムのAPEX35Φ 50mmを採用。

   

このステムの特徴は、7075材を使用するクランプ部には240°クランプを採用。

きっちり密着するので組み立てていて気分が良い。

気になる重量は・・・

S-WORKSの純正組み合わせは384g。

幅は760mmにカットしてあります。 ステムのレングスは40mm。

ステムは50mm、ハンドルはFATBAR LITE CARBONで幅は同じ760mm。

その差は60gの軽量化へ。

この景色みて走るの気持ちいい。

実際に使用した印象は、ハンドルバーの外側に向かうにつれて自然な『しなり』を持っています。

驚くほどの『しなり』を感じていたのでしなりの大きいハンドルバーは好みではない自分は、

正直不安でした・・・。

実際に走り出してしまえば、しなりによる違和感な皆無。

ステム付近やベントされている付近のしなりは殆ど感じることはなく、

あくまでも外側に向けて自然な感覚でしなりがあり、

明らかに衝撃の角が丸くなったのが体感出来ました。

これは期待以上。コレはお勧めハンドルバーの殿堂入り。

末永い相棒になりそうです。

世界中のライダーから支持されるRENTHALのハンドルバー。

手の振れるところだけに、違いも体感しやすい部分。

今現在使用のハンドルバー次第では、ライディングフィールが雲泥の差に感じることもあるかもしれません。

ライズも10mm、20mm、30mm、40mmのラインナップ。

ステムは、31mm、40mm、50mm、60mmと細かい設定があります。

この他にも、ダウンヒルで使用できるモデル、アルミバージョンもラインナップ。

特にSPECIALIZEDにスペックされている780mmワイドのライザーバー、約370gとヘビー級。

軽量化と快適性、操作性とハンドルバーは意外と重要なセクション。

雰囲気だけでセレクトするのは勿体ないですね。

悩ましいサイズはお気軽にご相談ください。

 



SHOP INFORMATION

所在地
〒216-0006 神奈川県川崎市宮前区宮前平1丁目-7-8 宮前平レジデンス101
電話番号
044-863-7880
メールアドレス
グローブ宮前平店メールアドレスはこちら
営業時間
11:00~20:00
定休日
毎週水曜日、木曜日 ※祝日は営業致します。
電車
東急田園都市線 宮前平駅より 徒歩5分
お車
駐車場は2箇所ございます。
タイムズ 宮前平第3(18台駐車)、三井のリパーク 宮前平1丁目第2(4台駐車)

※必ず利用証明書をカウンターまでお持ちください。

GROVE宮前平FACEBOOK

GROVE宮前平 スタッフ募集のお知らせ