2018.Dec. 2

とある木曜日はリアサスペンションの無い『 P3 』を積込み一路埼玉県川口市ゴリラ公園へ。

私自身がマウンテンバイクライドスキルで大事にしているのは、

オリンピック種目でもあるBMXレースからくる基本スキル。

変哲もないただのコブの繋がりが非常に奥が深い(笑

この公園は名前のごとく、ゴリラがいる公園です(笑

時計の支柱が曲がっていますが、時計も傾いているのがニクイですね(笑

ここは公園内に無料で利用できるBMXコースがあるとても素敵な公園です。

さらに、無料の駐車場まであるという至れり尽くせり。

 

初心者でも挑戦しやすいリズムセクションが配置され、飛ばされることのないジャンプと相まって

基礎を習得するには最適なフィールド。

マウンテンバイクで利用するにあたり気を付けたいポイントが一つ。

それは路面への攻撃力の強いタイヤは控えた方がベター。

また転がりの良いタイヤの方が良く進み加速もスムース。

準備も整い久しぶりのBMXコースイン!。

久しぶりにコース上で跨るP3は、慣れていなくてドキドキですが徐々に身体を鳴らしていきます。

コブを一つ一つ、タイヤが浮かないようになぞっていく事が基本中の基本。

そして本日のテーマ。『 ロール 』の練習です。

簡単ですが説明させて頂きますと、

 

コブとコブをフロントタイヤを浮かせたまま、リアタイヤだけでなぞり吸収・加速していきます。

 

合計で3つのコブを繋げているので、これを3連ロールと言います。

ここから、更に低く、更に早く、加速しながら、速いスピードで進入、全部繋げてみる、などなど、

バリエーションを増やしていき、反復練習をしていきます。

ロールの動きは様々なシチュエーションで使用する基礎テクニック。

ジャンプを飛び出さないようにしたり、溝などをスムースに通過するときなどシチュエーションは多様です。

よりスムースに、より安全に走るには修得していくと良いテクニックの一つ。

ジャンプを飛ぶことを覚える前にロールが出来れば、バイクに対しての重心位置が安定する為、

様々なシチュエーションで安全マージンを稼ぐ事が出来ます。

またBMX出身のライダーがスムースなのは、こういった反復練習の積み重ねの上に

ライディングが成り立っているから。

『 ゴリラ公園 』整備も行き届いていて気持ちよく走らせていただきました。

まだまだ修行中の私ですが、今冬はゴリラ公園にお邪魔することが増えそうです。

 

そんな私のライディングに糧となる26インチマウンテンバイク『 P3 』。

オフシーズンのスキルUPに、街乗りに、ご自身へのクリスマスにいかがでしょうか?

走りに『 艶 』が出ますよ~。 『 艶 』を出したいんですけどね~(笑

 

補足ですが(笑

今回のご当地ランチはスタカレー。

先日の、スタミナカレー とは似ても似つかない中華料理!?ですが美味しゅういただきました!

※店内の撮影を自粛した為、食べログですいません・・・。

ライドの遠征は、ご当地ランチも楽しみも一つ。

次は何たべようかな。


2018.Nov. 26

 ROVE NRB DL ¥234.000-(税抜)が!!

   CASH PRICE 35% OFF!!¥152.100-(税抜)

KONAの『 モダンなロードバイクとは? 』への答え。

ひと昔前に見た車のCMでの印象に、『 週末オフローダー 』

日本ではそんなイメージが伝わりやすいんではないでしょうか?

通勤やポタリングをメインに楽しみ、月に一度はフィールドを求め里山ライド。

お気に入りの車にのせてドライブを楽しんだ後に、ROVEでアドベンチャーライド。

行く先々での地産地消を楽しむローカルフードライド。

色々とアイデアがうかんできますねぇ~。  楽しそう。

私がこのバイクで行きた~いって浮かぶフィールドは『剣山スーパー林道』。

四国にあるこの林道は、全長87.8km。 楽しそう。

マウンテンバイクも勿論楽しそうですが、前後のアプローチを考えると

マウンテンバイクよりROVEの方がマッチしているかなと。

前後スルーアクスル、650B-47Cタイヤ、油圧のディスクブレーキ。

もちろん、ガッツリ上りますが登った分は下ります。

頼りがいのあるバイクです。

飽きの来ないカラーリング。  全くレーシーではないのでライダーにスタイルを強いらない雰囲気。

色々なフィールドを走り、汚れや傷が増えていくのも楽しみの一つ。

 

今回の特別なプライスでのご案内サイズは48のみ。  Ultegraのリアディレーラーのダボ穴。

 

WTBの47Cタイヤとオフセットリム。

オフセットによりオチョコが少なくなりスポークのテンション差が減ります。

振れが出にくく剛性を上げやすくなるデザイン。

クランク長も165mmと、このバイクの適正身長を考えるとピッタリ。

乗り手が持つ遊びのセンスで様々なシチュエーションで楽しめるROVE NRB DL。

48サイズ一台のみのスペシャルプライスにてご案内です。

この機会に是非ご検討くださいませ。

 

 


2018.Nov. 25

3連休中、24日は新百合ヶ丘近く、稲城市の丘の上に位置する『 SmileBikePark 』へ。

宮前平からマウンテンバイクで小一時間、車だと30分ほどの距離。

東京都内とは思えないロケーションに、基礎が詰まった楽しいフィールドが広がっています。

今回のお題目は、『 ハンドルバー・ステムの交換 』

ならば、ポジションを見直しながら、サイズを選択していきましょう!っと。

今日は、ENDUROとBMX、と私のスキルUPツールでもあるSPECIALIZEDのP3で現地へ。

店頭では到底難しいハンドルバーの幅とハンドルの高さ、そして距離などを体感して頂きました。

やはり、言葉や文章ではなくて、フィールドでの体験・体感が大事です。

合わせて何回でも同じことを反復しやすいフィールドにより、

ポジションによるライディングの変化を掴みやすいメリットがあります。

また、スピード域が低いので思い切ってチャレンジ出来る点もいいですね。

 

ポジション探しと同時にバイクの乗っている位置を確認する作業は、P3のようなバイクと

パンプトラックがあればより近道。前後ろ、上下を調整していきます。

上手くいくと加速し、重心やタイミングが悪いと失速してしまいます。

また、身体全体での動きと全身の筋肉を使用するので、想像以上にキツイんですよ~(笑

そして本題のENDUROに乗って、感覚を置き換えていく。

この作業を幾度となく繰り返すことにより、B.Bにのる感覚を覚えていきます。

ハンドルを変える、ステムを変えると決めただけなのに世界観が変わる。

お店では伝えきれない部分なんです。

意識するポイントが増え、まだまだ上達していくことでしょう。

最終的にしばらく乗ってみて、後日サイズを決定する運びとなりました。

最近では、KIDS向けのパンプトラックも増設。

子供の内から覚えると、なぜだか何に乗っても上達が早い!!

 

こちらも最近増設された、超上級コース。

ふかふかの路面とオフキャンバーのコーナーがあり、その名前にふさわしく手ごわいショートコース。

しかし、危険なルートではないので安心。

SmileBikeParkは駐車エリヤも充実、場内の施設も充実しているので、お子様や女性を引率しても安心。

10:00までの予約制ですが、暖かいランチも頂くことが出来ます。

GROVEでは、このSmileBikeParkを利用させて頂き、随時グットモーニングライドを開催しています。

内容はと言いますと、店頭で言葉だけで伝えるのには到底難しいマウンテンバイク基礎や、

フィールドでの乗り出しまでの準備等々、初心者から知っておきたい内容となっております。

もちろん、レベルアップもサポート。

言葉や文章ではなくて、体験・体感が大事です。

 

来月は、KONAの試乗車を現地に持ち込みグットモーニングライドを開催決定!!

日程は、12月8日(土)になります。

ご参加希望の方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 


2018.Nov. 20

そうなんです。 コレは欲しいブレーキKITが1Set入荷いたしました。

第一便が瞬く間に完売した事でMAGURAの人気が高いとの同時に、

4ピストンキャリパーの信頼性の高さが伺い知れます。

マウンテンバイクの醍醐味の一つ「 スピードコントロール 」

MAGURA4ピストンキャリパーのストッピングパワーが如何にアドバンテージがあるのかを

ライダーが理解しているからだと想像します。

パットでストッピングパワーを稼いでいないので、

初期制動は非常にコントローラブル、握り込むとリニアに制動力が向上するそんな理想なフィーリング。

さらにレバーレシオアジャストも装備し味付けを調整することも可能です。

ブレーキは、加重移動や抜重、ハードブレーキングもあれば微小なスピード調整。

様々なライドシチュエーションの要となるセクション。

もちろん、バイクによってはオーバースペックになります。

マッチングにつきましてはお気軽にご相談くださいませ。

 

■ MAGURA [ MT 1893 ] 125周年記念 限定モデル

憎い演出、『 1893』で開く鍵。

 

 

 

ポリッシュカラーがほんとカッコイイ。

お早めにご検討くださいませ。

 

 

■ MAGURA [ MT 1893 ] 125周年記念 限定モデル

■ 前後セット販売 メーカー販売価格 ¥71.000-(税抜)

・カーボテクチャーSL マスターボディ
・「HC3」フルアジャスタブル1フィンガーアルミレバー レシオアジャスト+リーチアジャスト
・アルミクランプ(ポリッシュカラー
・新型EBTスクリュー
・限定MT1893マスターシリンダープレート(ポリッシュカラー)
・トリプルアーチ 鍛造モノブロック4ピストンキャリパー(ポリッシュカラー)
・MagnetiXchange マグネット付キャリパーピストン
・各ピストン独立式4枚パッド
・バンジョーフィッティングホース
・ディスクローター、キャリパーアダプタ別売
・ストームHCローター推奨
・重量:245g(片側)
・用途:ダウンヒル・エンデューロ・E-MTB


2018.Nov. 16

今週は、全く初心者の二人の友人と3人で河口湖でゆるポタ。

初心者を走らせるにはそれ相応のニンジンが必要。 っとことで、

テーマは以前から興味があった吉田うどんRideに決定!

初心者2人と自転車3台を積込み一路、河口湖へ。

平日なので渋滞もなく、10:30に湖畔に到着。

吉田うどん目指してポタリングスタート。

先ずは『研考練』さん。

 

ここは変わり種な吉田うどん。

よ~くみてくださ~い、なんとうどんが揚げてあるんです。

『 揚げ出しうどん 』 これは美味しい。 ダシも優しい味。

初っ端からの登り基調で疲れ気味の初心者2人もテンションUP(笑

1本目のニンジンが効果大!

空気が澄んでいて富士山がキレイ。

富士吉田市内のどこで走っていても視界には富士山。

サイクリングもより楽しく。

ダシを吸ったうどんでお腹の膨らみを感じつつ2件目到着。

  

2件目はよくお店の前を車で通過していたので、一度食べてみたいと思っていた『あらきうどん』さん。

桜肉が入るスタンダードな吉田うどん。

このゴツゴツな腰の強い食感がいい感じ。

私は生卵が入った肉玉。  桜肉と出しが効いたうどん汁が堪りません。

当日の冷たい澄んだ空気が、アツアツのうどんと相性抜群。

食が進みます。 そしてテーブルにある薬味がコレ。

私が大好きな富士吉田の薬味『すりだね』。

山椒が効いた辛みはシビレも効いて癖になる辛さ。

後半にかけて足していくと、優しいうどんのダシにパンチが出てきて楽しめますよ。

お腹がいっぱいいっぱいになったとこで河口湖へポタリングスタート。

このキツめの満腹感を片付けるには走るしかありません!

振り返ると河口湖大橋からの富士山。

くぅ~。 とっても富士山がキレイじゃないですか♪

ごわごわ極太のうどんが汁を吸って胃袋がパンパンで気持ち悪くなりかけていたところ。

富士山に救われました!!(嬉

空気が気持ちいい。呼吸するのが楽しくなりますね。

のんびりポタリングは湖畔に沿って進みます。

これまた想像以上に良い赤が出ていてキレイ♪

お気付きですか?

そう。バイクはダートジャンプ&ストリートバイクのSPCIALIZEDのP3。

ほぼついてないようなサドル高とシングルギア。

初心者とのライドなのでハンディのつもりが自虐でしたね、完全に・・・(笑

20kmを過ぎるとさすがに・・・自虐です(笑

今度は黄色と赤。 澄んだ空の青と合わせてキレイ。

大きなアップダウンもない河口湖畔。気持ちのいいポタリングになりました。(自虐ですが・・・

ロードでは何周もしたことはあるんですが、のんびりと湖畔をポタリングしたのは今日が初めて。

私の中では今年一番の天候に恵まれた河口湖。

初心者と一緒だと視野も広がりますね。(バイクの選択ミスで自虐でしたが・・・

お気に入りのベーカリーカフェでパンと暖かいコーヒーを頂き、車に戻ったのが16:00。

なので、約30kmを5時間かけてポタリングしたことになりますね。

いつもとは違った一面をたくさん見る事ができました。

そして夕暮れの富士山。

一日、様々な角度から眺めた奇麗な富士山。

今シーズンは3週に続いて天候に恵まれた紅葉Ride.

是非、皆様も富士吉田うどん(2杯も食べればパンパンですが・・・)ポタリングいかがでしょうか?

 

もう冬はすぐそこ。

次はどこいこうかな。


2018.Nov. 5

S-WORKS純正装備のCARBON BARを使用していて全く持って不安など感じていなかったのですが、

STEMのレングスを、50mmに伸ばすのを切っ掛けに35Φへアップデート。

そこで悩むのが、ど~のハンドルバーメーカーいするのか。

CARBONである事と、信頼性が高いという事。

そこでセレクトしたのが『 RENTHAL 』

エンジン付き2輪車業界では、日本国内メーカーにアルミ製ハンドルバーを

OEM供給していた実績があるんです。※今回はカーボンですが(笑

OHLINSにRENTHALの2ショットにはグッときますね☆

ハンドルバーは、FATBAR “LITE”CARBON 760mm/35Φ

ステムのAPEX35Φ 50mmを採用。

   

このステムの特徴は、7075材を使用するクランプ部には240°クランプを採用。

きっちり密着するので組み立てていて気分が良い。

気になる重量は・・・

S-WORKSの純正組み合わせは384g。

幅は760mmにカットしてあります。 ステムのレングスは40mm。

ステムは50mm、ハンドルはFATBAR LITE CARBONで幅は同じ760mm。

その差は60gの軽量化へ。

この景色みて走るの気持ちいい。

実際に使用した印象は、ハンドルバーの外側に向かうにつれて自然な『しなり』を持っています。

驚くほどの『しなり』を感じていたのでしなりの大きいハンドルバーは好みではない自分は、

正直不安でした・・・。

実際に走り出してしまえば、しなりによる違和感な皆無。

ステム付近やベントされている付近のしなりは殆ど感じることはなく、

あくまでも外側に向けて自然な感覚でしなりがあり、

明らかに衝撃の角が丸くなったのが体感出来ました。

これは期待以上。コレはお勧めハンドルバーの殿堂入り。

末永い相棒になりそうです。

世界中のライダーから支持されるRENTHALのハンドルバー。

手の振れるところだけに、違いも体感しやすい部分。

今現在使用のハンドルバー次第では、ライディングフィールが雲泥の差に感じることもあるかもしれません。

ライズも10mm、20mm、30mm、40mmのラインナップ。

ステムは、31mm、40mm、50mm、60mmと細かい設定があります。

この他にも、ダウンヒルで使用できるモデル、アルミバージョンもラインナップ。

特にSPECIALIZEDにスペックされている780mmワイドのライザーバー、約370gとヘビー級。

軽量化と快適性、操作性とハンドルバーは意外と重要なセクション。

雰囲気だけでセレクトするのは勿体ないですね。

悩ましいサイズはお気軽にご相談ください。

 


2018.Nov. 3

2019 CANNONDALE SLATE APEX1

メーカー定価¥340.000-(税抜)

先日のダートライド中にSTAFF間の会話で、『2人でSLATEできたらピッタリだよね~♪ 』

なんて会話に上がるほどのバイク(笑

アスファルトでもダートでもトレールでも、ライダーのセンスとスキルでいかようにも楽しめる。

そんなバイク。

自分自身が実際にライドした時の印象もまさしくその言葉の通り。

アスファルトのアプローチから林道に入り、廃道やトレールに入いる。

道の境界線に捕らわれないボーダーレスなバイク。

例えるならそんな言葉でしょうか。 まさに楽しみ方はライダー次第。

ワクワクしますね。

最近、カタログやWebでは分かりずらくなったフレームカラー。

太陽光だと全く違う印象に。

リアのスプロケット周りは、メインになるフィールドに合わせてギア比を調整するのもオススメ。

2019モデルに採用されたタイヤ。 スキンサイドがバイクの雰囲気を演出しています。

2018モデルに採用していたスリックタイプからブロックタイプになり、

滑り出しやトラクションの抜け方が感じやすいかもしれません。

 

そんな可能性が詰まったバイクで、通勤からエクササイズ。

そして週末のRide。

様々な可能性がギュウギュウに詰まったSLATE。 お勧めです。

 


2018.Nov. 2

今回は紅葉を求めてマウンテンバイクツーリング。

紅葉のタイミングや天候にも恵まれ、今回は画像を多めに掲載します☆

今回使用したバイクは、2017 KONA PROCESS134DL 林道ツーリングに備えます。

 

リアのサグは30%→25%へ、更にリバウンドを2クリック締め。

フロントも20%にサグを減らし、ペダリングとフラットダートに備えます。

エアも高くして走り出したんですが、転がりのフィーリングが良くなるところまで調整しながらセットアップ。

良く走るんですが、斜度があると重い・・・。 のんびりと走るのは丁度良いけどしんどかった(笑

新しいMyBikeの導入を・・・・!?(笑

で目的は、奇麗な紅葉を見ながらのランチ。

ここは橋の緑と紅葉のバランスがいい感じ。

スケール感が伝わりますか?(笑

気持ちのいい朝日を浴びながら程よく整備されたダートを進みます。

ウエアーのセレクトは7分丈のBIBショーツにオーバーショーツはENDUROパンツ。

アンダーはSKINFOIL EARY WINTER、

アウターはSPECIALIZED THERMAL MAOUTAIN LS JERSEY。

一番の心配事だったウエアーのセレクトは大当たり。

寒暖差のある季節こそウエアーが重要。

エメラルドグリーンが印象的。とっても奇麗。

路面のコンデションも最高。

紅葉の鮮やかさに2人でテンションもあがります(笑

得意のこのメニューとコーヒー。そしてオプションのドーナツ(笑

それはもう至福。

山間部の谷間を走る為、日が陰ると冷気を感じます。

落石も多く気が抜けません。

日向の日蔭のコントラストも奇麗。

この後、お約束のごとく川ポチャ、PROCESSが水没(笑

車に帰ってくるとホッとします。

今回のRideは冬の澄んだ空が今回の旅に、様々な色付けをしてくれました。

その時その瞬間を満喫できたRide。

この後は、温泉でダートで強張った体をほぐし

二人で満天の星空の下、火を囲みRideの余韻を味わい夜が更けていきました・・・。

次はどこに行こうかな。


2018.Oct. 23

1

2018年デビューし話題となったの入門用 XCマウンテンバイク CHIZEL COMP29 Mサイズが

ラスト1台のみとクリアランスプライスにてご案内です。

2018  CHISEL COMP 29 Mサイズ 1台限り

メーカー販売価格¥155,000-⇒¥131,750-(税抜)更にポイント還元

・ROADバイカーのスキルUP。

・通勤や街乗りバイクとしても使いたい。

・林道などのアドベンチャーツーリング。

・漠然とマウンテンバイクが欲しい。

などなど、様々なニーズにオススメできる1台です。

あえてクロスバイクでなない選択しとしては、色々と世界が広がっていきます。

アルミクロスカントリーバイクとしての作りの良さと、

アルミフレームならではのお求めやすい価格。

非常に良いバランスと思います。

是非、ご検討くださいませ。

5

7

8

 

4

 

当店にて自転車をご購入頂いたお客様に、末永くサイクルライフを楽しんで頂ける様“5つの特典”が付随した
PREMIUM MEMBER’S CARDを発行させて頂きます。

詳細はこちらをご確認くださいませ。

 

 

 


2018.Oct. 22

先日、納車したばかりの2018 SPECIALIZED ENDURO COMPのご紹介です。

ライダーはまだ中学生。

以前は26インチと24インチハードテールを使い分けていたのですが、

今年の急な成長を機に、27.5ホイールのENDUROへスイッチ。

参考までに身長は約155cmとのこと。

以前のバイクからの載せ替えとライディングスタイルに合わせた、

仕様変更を行い納車させて頂きました。

クランクアームを165mmに変更(まだまだ長いですが・・・)

合わせてチェーンリングを、デフォルトの重い鉄板の物から36Tへ交換。

32TがMAXとなる純正のチェーンデバイスを軽量な77Designzのものへアップデート。

ダウンヒル系のレース出場に合わせてSLIDERも装着。

ペダルは不意に外れることが重なった、SHIMANOのSPD TRAILペダルから

CRANK BROTHERS Mallet DH Race 『 LOIC BRUNI EDITION』へ変更。

先日の世界戦2連覇が記憶に新しい、LOIC BRUNI。

SPECIALIZEDのバイクにはコレでしょう!なマッチングですね。

インプレッションは、よりフラットペダルの意識で乗れるようになり、

SRAMパークでのライドでも一日中、不意に外れることは皆無になったの事。

これでライディングに集中できますね。

ハンドルバーは、S-WORKS CARBONバーへ変更。

出来るだけ現在の体格に合わせてSTEMも35mmにショットリーチ化。

そして使用しないドロッパーポストを外します。

身長との兼ね合いで股下に余裕が少ない場合は、軽量化と相まって効果は絶大です。

そしてチューブレス化を行い、ペダル込みの総重量は、13.8kg。

思っていたより軽く仕上がった印象を持ちました。

 

なかなかのスムースなライディングスタイルを持つライダー。

また、一緒にライド出来る日が待ち遠しい限り。

それ以前に、彼とライド出来るスキルを身に付けておかないとダメですね(笑