2019.Sep. 15

クリアランスプライスに加えポイント還元率5%でのご案内です。

NEWモデルのCAAD13-105の問い合わせは多く注目が集まっていますが、このCAAD12-105も再熱しているのはご存知でしょうか? キャノンデールらしいロゴのフレームデザインはラストモデルとして再注目されているんです。

太陽の下で栄えるパープル。 サイズは50サイズのみ。

なかなか、パープルのバイクが欲しくなることはあまりないとは思いま、実車を見るとその固定概念が覆される雰囲気を持っているのがこのカラーでしょう。

是非この機会にご検討くださいませ。

光の当たり方によって色の濃淡の印象が変わる紫が何とも美しい。

アッセンブルされる105は最新のR7000系

価格を含め隙のないスペックのCAAD12はこれからロードを始める方にも、シリアスなライダーにも最高の相棒となること必至。

当店にて自転車をご購入頂いたお客様に、末永くサイクルライフを楽しんで頂ける様“5つの特典”が付随した
PREMIUM MEMBER’S CARDを発行させて頂きます。

詳細はこちらをご確認くださいませ。


2019.Sep. 4

沢山のリクエスト頂いたSpecializedの試乗会。
GROVE宮前平店に9月21日(土)に開催決定いたしました!

さらに試乗会特典もご用意させて頂きました。

宮前平店だけだは無くMGMグループ各店でご試乗頂いた皆様に各店でご利用頂ける大変お得なクポーンをプレゼントさせて頂きます。クポーンの有効期限は1カ月。  是非、この機会にご試乗くださいませ。 

・S-WORKS ROUBAIX Etap DISC 49、52、56

セカンドジェネレーションとなったフーチャーショック。 オイルダンパーを装備し振動の波長やハンドルに加わる荷重に合わせて圧縮側のダンピングを調整できます。  かなりフィーリングが変わり無駄な動きを一切しないところまでダンパーを効かせることが出来ます。  理屈ではなく体感して頂きたい一番のシステム。  高いスタビリティは悪条件ほど武器になるでしょう。

・S-WORKS VENGE Di2 DISC  49、52、54、56

私のファーストインプレッションは『エアロロードに乗っている事を忘れてしまうエアロロード。』  ライドしてしまうとビジュアルからくる先入観は完璧に覆されると言っても過言ではないでしょう。 様々なレースシーンで活躍を見れた2019シーズン。 なるほど。っと頷けるはず。

S-WORKS TARMAC Di2 DISC 49、52、54、56、44(WMN) 

実は後出のVENGE、ROUBAIXはこのTARMACのハンドリングをベースにライドフィールをチューニングされています。  そうSPECIALIZED S-WORKSシリーズのベンチマークに当たるTARMAC。  SPECIALIZEDのROADバイクセレクトでは絶対に外せないバイクでしょう。

ROUBAIX SPORTS 54

フーチャーショック1.5を装備し、荒れた路面でのスタビリティ、下りでの扱いやすさ、ブレーキング時の安定性等々、 ビギナーが100%恩恵を受けられるシステムに間違いありません。   

・S-WORKS STUMP JUMPER FSR CRB29 S、M 

私の仲間内では『ずるいバイク』と言われるほどのスペックを超えたマウンテンバイクがSTUMP JUMPERシリーズ。  日本のフィールドに幅広くマッチする一台になります。  フィールドでのテストライドではありませんが、そのペダリングフィールやジオメトリーからくるポジショニング、操作感を是非ご体感ください。

ペダリングでアドバンテージとなり得る超軽量シューズEXOSは、アッパーの柔軟性からくる快適性は特筆もの。思わず、シューズってフニャフニャでも良いんだ!と。合わせて幅広いライダーからの指示を受けるS-works7シューズ。 レギュラーフィットとハイボリュームバージョンをご用意。

ご試着可能サイズ

S-WORKS 7ROADシューズ レギュラー、ワイド 36~45 

S-WORKS EXOSシューズ 36~45

消費税増税も10月と迫ってまいりました。

この機会を是非ご利用くださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ご試乗につきましては身分証明書が必要となります。 未成年の方は保護者の同意が必要となります。何卒ご理解とご了承の程お願い致します。


2019.Aug. 25

キャノンデールらしくないフレームワークやグラフィックに馴染めない方も多いのではないでしょうか? 

Rideすれば伝わってくる変わりなきキャノンデールのバイクコンセプト。MGMグループ各店舗にてロングラン試乗会開催致します。

cannondale YOKOHAMA BAY SIDEを皮切りに、GROVE港北までの1カ月間。  是非この機会にALL NEW cannondaleをご体感くださいませ。

MGMグループ cannondale試乗会日程

9月7日(土)、8日(日)Cannondale横浜ベイサイド
9月14日(土)~16日(月祝)GROVE青葉台店
9月21日(土)~23日(月祝)GROVE鎌倉店
9月28日(土)、29日(日)GROVE港北店

試乗車のラインナップのご紹介です。

cannondaleが誇るエアロロードバイク「SystemSix」

◆SystemSix HM D/A Di2 BBQ サイズ:51

正統な進化 ALL NEW「SuperSix EVO」

◆SuperSix HM Disc D/A Di2 BLK サイズ:51

◆SuperSix Crb Disc Ult GDF サイズ:54

アルミフレームの新たな一歩。「CAAD 13」

◆CAAD13 Disc Force CHP サイズ:48・51

ダートでのトラクションは卓越した「Topstone Carbon」

◆Topstone Crb Force eTap ARD サイズ:XS

詳しい内容につきましては開催店舗までお気軽にお問い合わせくださいませ。

※ご試乗には身分証明書が必要となります。何卒ご理解の程お願い致します。


2019.Aug. 16

一緒にお店を盛り上げてくれる

スポーツバイクが好きな笑顔で接客が出来るスタッフを募集致します。

雇用形態  : 正社員、アルバイト

仕事内容  : 接客販売、自転車の組立、修理、メンテナンス、発注業務、SNS投稿、その他サポート業務

好きな自転車を「乗る」、「話す」、「触る」を仕事にしたい方歓迎です。

詳しくはこちらをごらんくださいませ。 → スタッフ募集詳細


2019.Aug. 10

あつーい夏のライドは給水が肝心。

しかし、いつものスクイズボトルだとすぐにぬるま湯状態に…

保冷タイプもあれど流石にここ最近の30度中盤の暑さだと正直そんなに変わんないかな…

水筒はボトルケージに合わないし…

なんて思っている全ライダーにおススメの、

いえ、もはや必須のアイテムがこちら

■サーモス 真空断熱ストローボトル ¥3,600-(税抜) BLK/WHT/RED

魔法瓶のパイオニアであるサーモスが開発した、

自転車向け真空断熱ステンレスボトル。

 

こちらなんと4度の冷水を室温35度の状況にて

10度以下を6時間KEEP

できちゃいます。

 

自転車向けということで、様々なボトルケージに合うように設計。

 

蓋はワンタッチでオープンし、飲み口はストローなので押し出しや、腕を上げる動作がいらないので楽々。(これ結構肝心)

 

圧倒的な保冷力でいつでも冷たい水を給水でき、

素早くクールダウン、熱中症対策に。

これはもうたまらないですよ。最高ってやつです。

 

そしてこの真空断熱ステンレスボトルに新作が!

■サーモス 真空断熱ケータイマグ ¥3,800-(税抜) BLK/WHT

直接口を付けて飲めるマグタイプが近日発売予定です!

ストローで飲むのが苦手な方にというのはもちろんのこと、

ストローでなくなったことによりホットにも対応しました!

こちらご予約受付中です!


2019.Jul. 17

G

「完成車フレームクリアランスキャンペーン」の中から本日ご紹介するのはこちら

■SPECIALIZED 2019 ROUBAIX SPORT 52size Gloss Tarmac Black/Oil¥270,000-(税抜)  

速さと快適性を高次元で兼ね備えたのがROUBAIX。

それを可能にするのはヘッド部に設けられたFuture Shock。20mmトラベルのサスペンションが速さを損なうことなく振動を吸収。それはライダーにとって非常に自然に行われるため、ロードらしい走行感は全く失われることがないです。

新型105R7000を搭載したSPORTグレードはなんといってもカラーリングが魅力的。

ブラックベースにロゴ部のOIL:マジョーラカラーがシックで美しい。

在庫限り!!お見逃しなく!!


2019.Jul. 16

超えるは過去の自分。と、いうことはこれはカーボンキラーキラー?

 

 

アルミロードはカーボンロードと比べて劣っている。

そんな通説を打破してきたのが

CANNONDALE  ”CAAD12″

重量は軽く、剛性は高く、そして快適性も併せ持つ。

その非常に高い性能を持ったCAA12はアルミフレームの最高峰に君臨し、

“カーボンキラー”

なんて異名で呼ばれてきました。

 

そして、カーボンキラーは今日待望のモデルチェンジを果たす。

“CAAD13”

「13」という数字は、アルミの原子番号であり、世界最高のアルミバイクであることを自らの使命とする。

それは「12」を超えること。

先日同じくモデルチェンジを果たしたSUPERSIX EVOと同様、”エアロ”の要素が加わったことが最大の特徴。

フレーム、フォーク、シートポストはエアロチューブシェイプとなり、

CAAD12と同等の重量と剛性でありながら、最大30%の空気抵抗を削減。

新設計のフレームは前作に比べ路面追従が2倍になり、より快適性と走行性能を高めた。

「アルミフレームは硬くて、カーボンフレームはスムーズ」という評判を過去のものへと葬り去る。

更にタイヤは30cまで装着が可能。レーシングバイクでありながら幅の広い楽しみ方が期待できそう。

そして、アルミロードに期待する事、選ぶメリットとして大事な要素と言えば

価格

ですよね。

■Disc 105

・CAAD13 Disc 105 ¥210,000 (税抜) 

・CAAD12 Disc 105 ¥230,000 (税抜)

■Rim 105

・CAAD13 105 ¥180,000 (税抜)

・CAAD12 105 ¥190,000 (税抜)

なんと、前作12よりもお求めやすくなっております。

 

「13」は原子番号ですが、不吉な数字なんて言われたりもします。

が、

コストパフォーマンスに優れた最高のロードバイクをお探しのライダーには、

「13」がラッキーナンバーと言えるかもしれません。

 

 

■ラインナップ

caad13d(1)

■CAAD13 Disc Force eTAP AXS ¥590,000 (税抜)

caad13b(1)
caad13df(1)

■CAAD13 Ultegra ¥240,000 (税抜)

iklp(1)
caad13ddf(1)

■CAAD13 Disc 105 ¥210,000 (税抜)

66776025_2106143809690774_2005265564158656512_n (1)(1)

■CAAD13 105 ¥180,000 (税抜)

 

早速店頭にはDisc 105 (51size)が入荷しております。

是非実際にご確認ください。


2019.Jul. 8

ロードバイクの真髄を突き詰めた結果、キャノンデールの由緒正しいレースバイクが美しい進化をとげ、あらたにSuperSix EVOとして誕生。

世界中のメディアに称賛された旧バージョンの軽量性とハンドリング性能はそのままに、それ以外の部分をすべてグレードアップ。

前作からの軽量性はそのままに、抜群の剛性感、そしてデビュー以来定評のある路面からの正確なフィードバックを実現する乗り味をリアルレーサーたちへ提供する一方、チューブシェイプを丁寧にチューニングし、フレームのみならずバイク全体をシステムインテグレーションすることにより空力性能を大幅にアップ。

よりスムーズ、より快適、そして、進化したSAVEマイクロサスペンション、前作より少し長くなったスタック、余裕たっぷりのタイヤクリアランスなど、最高のロードバイクを探し求めるレーサーが望むすべてをもった最高レベルの攻撃力。

延々とアップダウンの続くレースも難なくこなし、超速のグループライドも楽しむことができ、もっと多くの場面でハイパフォーマンスを発揮すること間違いなしの究極のバイク – 新型SuperSix EVO

早速当店にDISC 105完成車が入荷致しました。

SUPERSIX EVO DISC 105 ¥260,000-(税抜)

特徴的な内装ルーティン。これはディスクブレーキモデルのみの特権。

シフトワイヤーはダウンチューブ上面を通る。Di2の場合はここにジャンクションAを取り付け可能。

各チューブはカムテール形状になりエアロ効果を高めています。

シートポストもD型のカムテールでエアロと快適性を両立。

タイヤは30cまで装着可能。幅の広い楽しみ方ができますね~。

性能もですが、注目は何れのグレードにも採用されたこのシンプルなグラフィック。今までのロードバイクのイメージが変わる、そんな新時代を個人的には感じます…

更なるオールラウンドバイクへと進化したNEW SUPERSIX EVO是非実車をご覧ください。


2019.Jun. 30

今回訪れた四国で私が走りたかったのが『町道瓶ヶ森線』

UFOラインとも呼ばれご存知の方も多いハズ。

宮前平を前日のAM11:00に川崎インターより一路、愛媛へ。

深夜に瀬戸大橋を渡りサービスエリアで仮眠。

早朝のセブンイレブンでローカルらしいものばかり買い漁り、

車のデポ地となる道の駅『木の香』へ。

道の駅 『 木の香 』 温泉施設も併設してます。

車を降りて先ず気付くのは、とにかく空気が気持ちいい。

川沿いに面して温泉施設も併設をいう好条件!

思う存分、走れますね!  

目の前に広がるこの景色。 近くに合ったらクライマーに転向かな(笑
この景色みたさに幾度も登れそうなきがする。

一車線の広さで舗装された林道を抜け間の前に現れたのがこの景色。

『 町道 瓶ケ森線 』  

いやぁロングドライブの疲労がどんどん癒されていく・・・・。


山々がエネルギッシュ。 関東とはまた違った魅力。

振り返るとエネルギッシュな山々が。

木々が迫ってくるよう。

とても山深く、『クマの目撃情報あり、クマに注意』の看板にはビビりますが。

愛媛のセブンイレブンで西部地区限定おにぎり。

補給食はこの2つ。 味乗りが効いている『たこめし』

ご存知の方も多いかと思いますが、コレ美味しいですね!

同じくセブンイレブンで調達したゼリー。 美味しい!

背中で私の体温まで温まり緩くなってしまったみかんゼリー(笑

下界で買い直しましたが、冷たいのは甘酸っぱくて美味しい!

気が付けば山ばっかり撮っている(笑

立ち止まっては山を眺め記録。 そして野生動物におびえる。

サイクリストの為に、随所に路面表記

スマートフォンが受信できないエリアもあり、この路面標示はとても有難い。

ガードレールは少なくアスファルト上に水が流れた小砂利も堆積している箇所も

なかなか、気が抜けないダウンヒルが楽しくて楽しくて。

木漏れ日が心地良いがブラインドも多い為、気を抜けない。

使用したGARMINでは、獲得1379m/69kmの行程。

標高が増すのにつれて広がっていく景色をみながらのヒルクライムも楽しい!

車で待つ嫁にビビりつつペースを上げたダウンヒルも、

色々とスリリングでこれまた楽しい。

そして車に戻ったらそのまま温泉へ。 最高!

サッパリとしたところで別世界だった山中を離れ、

車で2時間程の距離にある金毘羅山参りに。

笑顔でしあわせ!

初日が終了です。  翌日は香川うどん屋さん巡り。

行く先々でロードバイクはその土地の生活感も垣間見れたり、

車では見落としてしまうような景色に出会えたり。

たった1時間でも、グルメライドでもポタリングでも良いんです。

皆様も車旅プラス自転車。いかがでしょうか?


2019.Jun. 22

ビッグプーリーが当店いち推しであり人気のカーボンドライジャパンより、追加の推しアイテムが入荷です。

まずはこちら

■CDJ TUNING OIL  ¥1,000-(税抜)

CDJチューニングオイルはフルセラミックのメリットを最大限引き出す為に開発されたオイル。

セラミックベアリングのプーリーを使われている方はこのオイルで定期的なメンテナンスを。

ケイ素系化合物を基材としたオイルの分子レベル構造がセラミックボールを確実に保護し、摺動抵抗を軽減します。

走行距離を重ねたはもちろん、雨にやられたあとはマスト。

実際にハンドスピナーのように外した状態で回すと違いは明らかです。

また、このオイルはプーリーベアリングだけでなく、ドライブチェーンやハブベアリングなど、あらゆる稼働部分に使用でき、摩擦抵抗を大幅に減少させます。

お次はこちら、

■CDJ CARBON CHAIN CATCHER ¥3,800-

本体重量は、わずか5g。最小限の重量増で、大きなリスクを回避して、快適・確実なライディングを。

 3Dドライカーボン:高度な特殊製法による超軽量・高剛性のドライカーボン。
機能美:シンプルなチェーンの脱落防止機能と、MDカーボンの美しさを融合。
本体重量:わずか5g。トラブルを未然に防ぎ、ピンポイントで個性をプラス 。

これは是非実際に手に取っていただいてその美しさと軽さ・剛性を感じていただければと存じます。