2012.Aug. 14

CANNONDALE2013モデルが

ついに発表されました!!

各ジャンルごとに注目のバイクの一部をご紹介いたします!

CANNONDALE 2013モデル『ROAD編(SUPER SIX EVO)』

CANNONDALE 2013モデル『ROAD編(CAAD10)』

CANNONDALE 2013モデル『MTB編』

CANNONDALE 2013モデル『CROSS BIKE編』

CANNONDALE 2013モデル『KID’S編』

今回ご紹介しきれなかったモデルも、

2013年のラインナップ全て発表されています!

もちろんご予約受付、ご注文中!

詳しい情報はスタッフまでお問合せ下さい!


2012.Aug. 10

当店では、CANNONDALE 『CAAD 10』 の試乗車をご用意しております!!

フレームサイズは52cmとなります。

CANNONDALEの代名詞ともいえるアルミフレーム。

『CAAD10』には、長年培われてきた高度なアルミテクノロジーが結集されています!

驚くほどに軽量なフレーム、走行時の高い快適性、俊敏性、加速の良さを誇り、世界中のメディアから高い評価を得て来たモデルです。

その性能は競合他社のカーボンバイクに負けないほどです!

そんなCANNONDALEのテクノロジーを結集したバイク、是非その身体で体感してみて下さい!

もちろん「ロードバイク乗ったことないけど、どんなもんなの?」なんて方も大歓迎!
風を切って走る感覚を味わって下さい!

※試乗時の注意

・試乗の際、身分証明書をお預かりさせて頂きますので、お忘れなくご持参下さい。
・試乗車はスタッフバイクですので、タイミングにより店頭に無い場合が御座います。試乗希望日の前日以前にご確認のご連絡頂ける様お願いいたします。


2012.Aug. 5

初めてのロードバイクにオススメな装備をご紹介。

と言っても、通勤や休日のサイクリング、長距離のツーリングなどなど、人によって乗り方は様々です。

もちろん乗り方によって必要な装備も変わってきます。

そこで今回は、初めてのロードバイクデビューに最低限装備しておくと安心なアイテムをご紹介いたします。

装備その1『ライト』

夜間を安全に走行をする場合、絶対に必要になってきます!

フロントライトはホワイトの光のタイプ。
明るさ、バッテリーのタイプなど使い方に合わせて選びましょう!


リアライトはレッドの光のタイプ。
後方は走行中に目視確認しづらいので、後方から来る車やバイクからしっかりと確認できるモノを選びましょう。

装備その2『トラブル対策』

走行時に考えられるトラブル(パンク、チェーン外れなど)に対して対応できるアイテムがあると安心して走行が出来ます。

中央の携帯ツールは走行中のメカトラブルに対し活躍します。
携帯ツールによって機能が変わってくるので、最低限4・5・6mmのヘックスレンチと2番のプラスドライバーがあるものを選びましょう。

続いて、右側は予備のチューブ。
パンク時の交換用として必須アイテムです。パッチキットを装備する場合もありますが、初めての方は割り切ってチューブを交換してしまった方が作業が確実だと思います。

左側はタイヤレバー。
パンク時のタイヤの付け外しで活躍してくれます。

装備その3『携帯ポンプ』

パンク時チューブ交換してもエアーを入れられなきゃ意味がない!チューブと合わせて持っておきましょう。

ポンプと言っても、携帯ポンプは携帯用にかなりコンパクトに出来ている為、フロアポンプの様に高圧までエアーを入れるのはかなり大変!
あくまで応急用と考え、走行前のエアー圧チェックと、途中でチューブ交換した場合は帰宅後しっかりフロアポンプで適正圧までエアーを入れましょう。

装備その4『サドルバック』


サドルの下に取り付け、携帯工具や予備のチューブ、タイヤレバーなどを収納できます。
小銭入れや補給食などを入れるのもあり、身に着ける荷物が減らせるます。

装備その5『ドリンク』

走行時の水分補給は重要です!!

走行時は自分が思っている以上に水分が出てしまいます!
水分補給はのどが渇く前に、こまめに行いましょう!

まずは、ご紹介した装備程度で安心してスタートが切れるはずです。

選び方が分からない場合もスタッフがご案内いたしますので、お気軽にご相談下さい!

しかし!!チューブ交換など技術も必要となってくるモノは装備だけ充実させても、いざパンクした時の作業が出来ない事があります!
走行前に一度練習しておいてもいいかもしれませんね。

安心の装備で、楽しいロードバイクライフを送りましょう!!


2012.Aug. 2

店休日の水曜を利用し、系列店スタッフと共に三浦方面へツーリングに行ってまいりました!!

天候は夏らしい晴れ・・・

の予報でしたが、途中ドシャ降りの雨に降られてしまいました。

最終的には雨も上がり、逗子・葉山のキレイな海岸を眺めながら気持ちよくライディング出来ました!

あまりに夢中になり過ぎてせっかくの景色を撮り忘れてしまいました・・・


こちらは昼食時の休憩の様子。
おいしい海鮮丼をいただきました!これもツーリングの楽しみの一つですね。

GROVE宮前平では、マウンテンバイクだけではなく、気軽なロードバイクのツーリングイベントも企画しております!

初心者の方大歓迎!参加される方のレベルに合わせ距離やコースなど決めていきます。

興味がある方はスタッフまでお気軽にお問合せ下さい!!


2012.Jul. 31

現在開催中の『CANNONDALE 2013 BRAND CAMP』に参加中のスタッフより、公開が許された1枚の写真が届きました!

2013年モデルは残念ながら、まだご紹介するが出来ませんが・・・

それ以上にCANNONDALEにとって特別なバイクが展示されていたようです!

先日まで開催されていたツールドフランスで見事ポイント賞『マイヨ・ヴェール』を獲得したピーターサガン


美女からキスの祝福を得るサガン

そんなサガンが最終日のみ使用するため、特別にペイントされたグリーンSUPER SIX EVO


『マイヨ・ヴェール』グリーンジャージと合わさって特別な存在感を放っています!


ゴール後、最終日共に戦ったバイクを天に高々と掲げるサガン

そんな特別な『SUPER SIX EVO』の実車が展示されていたようです!

こちら!!

レースの臨場感が伝わってきます・・・


2012.Jun. 14

GROVE宮前平では、ロードバイクをお買い上げの際にフィッティングを行っております。



ロードバイクの本場“イタリア”からやってきたBICI SUPPORT製のBio Sizeと言う治具を使用して

身体の各部寸法を測り、最適なサイズを導き出します!

Made in ItalyなBio Sizeはこちら ↓ ↓ ↓


この治具を使用する事でバイクのサイズを出すのに必要な股下、胴の長さ、肩幅、左右の腕の長さ等を

正確に測る事が出来ます。これに柔軟性などをプラスして、

身体を測った数値を元にバイクのサイズを算出するのですが、出たサイズはロードバイクに初めて乗る方には

かなりハードなポジション(レーシングポジション)になってしまいます・・・

GROVE宮前平では、あくまで出た数値はあくまで参考と言う事で

算出した数値プラス“スタッフのノウハウ”で最終的なサイズをおススメしています!!

特に身体の柔軟性(前屈)が、効率の良いポジションには必要不可欠!!

バイクのサイズも乗り込んでいって身体が出来上がってくるとサイズが変わる・・・何て事もあります。

せっかく決戦ホイールを買うために貯金していたお金で、新しいフレームを買うなんて事にならない様に

ロードバイクをご検討中の方、特に身体が固い方には“お風呂上がりのストレッチ”をおススメします!

目標は指先がつま先に届く~地面に届く位が目安ですよ~

快適なロードバイクライフの為に頑張りましょう!!


2012.Jun. 5

CANNONDALE SPECIAL PRICE 第2弾!

今回ご紹介する大人気モデルがこちら!

エリートロードモデル

CANNONDALE 『CAAD10 3 ULTEGRA』 


WHITE/RED


JET BLACK/GRAY

キャノンデールと言えばアルミフレームと言われるほど、評価の高いテクノロジーを結集して作り上げられたこの『CAAD10』
軽量なだけではなく、走行時の快適性、俊敏性、加速の良さなど、他のアルミフレームのモデルとは比較にならないほど。
一般的なカーボンフレームと比較しても負けないほどの性能を誇ります!
気になるフレーム重量は56サイズで1130g!!

『CAAD10 3 ULTEGRA』では、評価の高いCAAD10フレームをベースに、今すぐレースに参加したくなるような本格的なパーツで構成されています!


BB30のクランクには評価の高いFSAのSL-Kを採用。
第三者機関の調査によってSHIMANO DURA-ACEより優れた性能であることが実証されてます!



クランク以外のコンポーネントには、その名の通り軽量かつ高性能なSHIMANO ULTEGRA6700で統一されています。
ホイールは軽量で反応のいいMAVIC AKSIUMを搭載!タイヤには同じくMAVIC製のAKSIONを採用し快適なライディングをサポートしてくれます。

装備をご紹介したところで気になってくるのが車体重量ですね。

実測なんと 7.65kg !! かなりの軽量な仕上がりです!

※52サイズ、ペダル・バーテープ無しでの計測になります。

パーツを変えることでまだまだ軽量化できそうですね。6kg台も夢ではありません!!

この完成度の高い『CAAD10 3 ULTEGRA』がなんと・・・

メーカー価格¥269,000-のところ ⇒ GROVE SPECIAL大特価!! ※お問合せください。

このチャンスお見逃しなく!!


2012.May. 28

CANNONDALEのエントリー向けロードバイクのご紹介。

『CAAD8 6 tiagra』 ¥139,000- → GROVE価格!

キャノンデールのエントリー向けロードバイクは、リーズナブルな価格でありながら上位モデルで実証されたCANNONDALEのテクノロジーにより快適な乗り味を実現させています!
アルミ製のフレームは先日FlASH3でもご紹介した『SAVEテクノロジー』を採用し、リアステーを縦方向にしなり、横方向に高剛性な構造とすることで、快適かつロスの少ない走行が可能に。
また、ヘッドチューブを長めに設計してあるので、初めてロードバイクに乗られる方でも無理のないアップライトなポディションでのライディングを可能にしています。

コンポーネントには10SPEED化されたSHIMANO『Tiagra』を採用。
見た目の高級感と、正確な変速とブレーキングでライディングをサポート!


重量は他社の同クラスのバイクど比較すると、かなりの軽量な仕上がり。
48サイズで実測約9kg!!(※ペダル除く)

『CAAD8 6 tiagra』と同じフレームを採用し、SHIMANO『SORA』コンポーネントを装備した
『CAAD8 7 SORA』 ¥99,000- → GROVE価格!
こちらのモデルも店頭にて在庫しております。

性能面、コストパフォーマンス性どちらも兼ね備えた、まさに初めてのロードバイクデビューにピッタリのモデル『CAAD8』ぜひ店頭にてご覧ください!


2012.May. 26

バーテープ各種あります!


当店ではDEDAをはじめCANNONDALE、SPECIALIZEDなどのメーカーのバーテープをカラーバリエーション豊富に数多く在庫しております!

フレームのカラーに合わせたり、ワンポイントでカラーを入れてみたり。
選び方しだいバイクの印象はガラッと変わります!
内側にゲルが入りソフトな握り心地のタイプもあるので、ライディング時に手が痛くなってしまう方にお進めです。
パーツを変えるよりもリーズナブルで気軽に交換が出来るバーテープはバイクのイメージチェンジやモチベーションUPにぴったり!

スタッフのバイクも新しいバーテープに巻き替え作業中。

どんどん巻き進めて行き・・・


完成!!
気分も新たにライディングを楽しめそうです!

巻き替え作業は、ピットが空いていれば、おおよそ20~30分程度の時間で作業可能です、お気軽にスタッフまで相談下さい!


2012.May. 18

GROVE宮前平がおすすめする、コンフォートロードバイクはこちらっ!! ↓ ↓

2012スペシャライズド “ROUBAIX ELITE” ¥260000- ⇒ GROVE価格 !!その名の通りロード三大レースの一つ

パリ~ルーベに勝つために作られたバイクです。

パリ~ルーベと言えばパヴェ(石畳)がコース全体のの5分の1を占め、ロードレースと呼ぶにはあまりに過酷なレースで、

荒れた石畳からの振動やトラブルを克服しないとこのレースの勝者にはなれません!!

以前はマウンテンバイクの様にサスペンション!?を搭載したロードバイク登場した事もある程、過酷なレースです。


この過酷なパリ~ルーベで数多くの勝利を獲得してきたのがスペシャライズドのROUBAIXなんです!!

今年もスペシャライズドがスポンサードするオメガファルマ・クイックステップのトム・ボーネン選手が

4度目のパリ~ルーベの優勝を飾りました!!

それでは車体詳細のご紹介です。↓ ↓


このバイクの最大のポイントが、フォークとシートステーに搭載されたZertz粘弾性ダンパーです。

パイプの作りを変えるのではなくZertzダンパーを搭載する事により確実にライダーを苦しめる“振動”をシャットアウトしてくれます!!

サドルはBG Toupe Plus Compを採用、軽量ながら広い座面と、十分なパッドにより快適に走行する事ができます。


ヘッドチューブには上下異径のテーパードを採用、アタック時にもがいてもハンドル周りが不用意によれる事が無く

推進力に換えてくれます!!BB周辺もこのボリュームで剛性が非常に高く仕上がっています!!


細かい所も抜かりなく、リアのブレーキワイヤーはトップチューブに内蔵でスタイリッシュに!!


ホイールはFULCRUM RACING 6 を採用。低グレードながらもSHIMANOホイールと違って見た目にも華があります。

回転もさすがのFULCRUM!スムーズにいつまでも回っています!


コンポーネントはSHIMANO 105 必要にして十分な物が搭載されています。
重量はフレームサイズ52、ペダルレスで8.2kgです!

ホイールが若干足を引っ張っている感じですが、後々ホイール等パーツを換えていく楽しみもあって、末永く付き合っていけるバイクです。

週末は珠玉の乗り心地を持つ“スペシャライズド ROUBAIX” でロングライドなんていかがでしょうか?おススメです。