2012.Oct. 13

だんだん暑さも和らいできて、程よい気温になってきました。

今がロードに最適な季節!!目覚めた時には肌寒く、アームウォーマー必要かと思いました。。。

が、9:00スタートでは全く必要なかったです。

【GROVE宮前平】スタート!!

尻手黒川道路→中原街道→県道102号線→早斑川

総行程約19キロの程よくアップダウンのあるルートです。

尻手黒川道路を東の方面に進みます。

ここまでは、ほぼ平坦。ちょうど追い風だったので実力以上に快走できて気持ちよかったです。

アルペン様がある交差点を右折。ここから中原街道です。

程よいアップダウンが続く街道です。尻手黒川よりも車の流れは穏やかで落ち着いて走れます。

そして県道102号線、横浜市営地下鉄グリーンラインが地下を走っています。

第三京浜をくぐって少し走ったところです。↓

片側2車線のきれいな道になります。

系列店の【GROVE港北店】迄来ました。 GROVE宮前平店からは約25分くらい。車と時間的に大きな違いはありません。やはりロードバイクは早い乗り物です!!

港北店近くの早斑川へ向かいます。

両岸にサイクリングロードがあります。散歩をされている方など地域の方の生活道として使われています。是非ゆったりと走って景色を楽しみください。

早斑川は鶴見川に合流しています。このまま下流の方面に向かえば鶴見川、鶴見川を上流に向かえば横浜国際競技場です。是非ご自身のサイクリングの参考にして下さい。

ここまでで時間切れでした・・・

復路は来た道を戻って【GROVE宮前平店】まで。

走行距離・・・約19キロ

走行時間・・・約1時間20分

本日の一番の感想は、、、「気温といい、湿度といいロードを乗るのに抜群の環境でした!!」

気持ちの良い朝ライド。またライディングをした際にルート、写真共にアップをしたいと思います!!

次回(来週!?)をおたのしみに!!


2012.Oct. 7

3連休初日、皆様自転車乗っていますか?

長々続いた猛暑もようやく落ち着きを見せてきたこの頃、、、

当店営業前にひとっ走り行って来ましたので、紹介いたします。

(あまり時間が取れなかったので、期待はしないでくださいね・・)

↑【GROVE宮前平】スタート!!

西平台交差点、こちらの交差点にある宮前平レジデンス1階に店舗が御座います。

川崎インター方面に向かうと微妙なのぼりが続きます

尻手黒川道路を走行しています。わりと車の流れが速いので、あらかじめ後続車両等の確認をおすすめします!!

余裕をもって合図をすれば、車も余裕をもった動きをしてくれるので車も自転車もお互いに安心して走れます。

↑県道13号にて右折、浄水場通りを多摩川に向かって進みました。

ここまでは緩い上りのみです。(気にならない程度)

途中【菅生神社】お祭りの準備をしていました。

夏祭りの時期ではないので、なんでしょう・・・

イイですねお祭り、夏に地元の祭りに行ったことを思い出します。

↑朝ライド、 実は多摩川を目指していたんですが、まだまだのところであえなく時間切れ・・・

GROVE宮前平店の開店の為に、急いで戻ります!!

コチラが今回最後の写真。

県道13号から、尻手黒川道路に入ってからは程よい下りでスピードに乗りますね!!

テンション上がります!!

距離にしても、時間にしても非常に物足りない結果となってしまいましたが、

朝ライド終了です。

次回は時間をしっかり確保してチャレンジしたいと思います!!

次回は余裕があれば予告してチャレンジしますので、お時間が合いそうな方がいらっしゃったら是非ご一緒してください!!

――遠藤――


2012.Sep. 25

CANNONDALEからビックニュース!

2012年、大旋風を巻き起こした“LIQUIGS CANNONDALE”チームがなんと!

2013年1月1日より“CANNONDALE PRO CYCLING”チームとなり新体制となる事が発表されました!

メンバーには、2012年ツールドフランスで大活躍したペーターサガンはもちろん、信頼感のあるベテランのイバンバッソなど実力派がそろいます!!

2013年もその活躍から目が離せません!!

 

そんな勢いを増すCANNONDALE!

当店では“CAAD10”を初めとする2012年モデルROAD BIKEをお買い得なGROVE大特価!にてご用意!!

もちろん気になる2013年モデルも続々入荷中です!

 

さらに、店頭には2012年ツールドフランスで大活躍のサガン直筆サイン入りレプリカジャージを展示中!

グリーンのジャージ・・・ツールの興奮が蘇りますね!


2012.Sep. 17

初めてのロードバイクにマッチするプラットフォームペダル!

初めてのロードバイク、ビンディングペダルも使ってみたいけどちょっと不安・・・

そんな方にオススメなピッタリなスニーカーでも乗れるペダルをご紹介!

まずはこちら!

TIOGA  『SuerFoot8』(写真左)&『SuerFoot9』(写真右) 共¥7,980-

軽量かつ必要最小限に横幅の狭いコンパクトなデザインと8本のピンがシッカリとクツに食いつきぺダリングをサポート!

シールドペアリングを採用し回転のスムーズさも抜群!

精度が高く高級感のあるボディーもオススメのポイントです!

 

続いてこちら!

Dixna 『ロードWペダル』 ¥3,990-

先にご紹介した“SuerFoot”と比べ丸みを帯びた踏み面が広いデザインで、初心者でも安心して使っていただけます!

また、5本のイモネジピンがしっかりグリップし滑りづらくい仕様です!

価格もリーズナブルなのでビンディングの前の練習用にもオススメ!

 

続いては番外編!

ODYSSEY 『TWISTED PCペダル』9/16 ¥1,890-から

BMX用のペダルではありますが、もちろんロードバイクにもお取付可能。

ふみ面が広く、プラスチックのピンも食いつき十分!カラーバリエーションも豊富なのでロードバイクもオシャレでカジュアルに乗りたい方にはオススメの選択肢です!

 

ビンディンペダルだけではなく、ロードバイクにプラットフォームペダルの選択肢もありです!


2012.Aug. 28

現在大好評開催中のCYCLE BARGAIN SALE!

今回は大特価となっているオススメ超お買い得車体をご紹介いたします!

コチラ!!

LOUIS GARNEAUの クロモリロードバイク『LCR』『LCA』

「ロードバイクに乗ってみたいけど、本気すぎるのはチョット・・・」

なんて思っているあなたにオススメのロードバイクです!

細身のクロモリパイプを使用したフレームは、シンプルでクラシック。ちょっとした街乗りにもマッチするデザインなので、カジュアルなファッションで乗っても違和感がありません。

しかし!使用しているパーツコンポーネントは本格派となっております!

 

それでは早速、大特価の各モデルご紹介いたします!

 

まずは『LCR』¥178,500- ⇒ 大特価¥107,000-!!

※メーカー展示車の為、小キズがあります。

 

↑DARK BLUEカラー フレームサイズ520 (適応身長165~180㎝)

 

↑LG WHITEカラー フレームサイズ520 (適応身長165~180㎝)

『LCR』は伝統的な工法で組み上げられたクロモリフレームを採用しており、メッキ出しされたラグの接合部が印象的なクラシックな一台。

使用しているコンポーネントは本格派の“SHIMANO 105” 10SPEED

街乗りから、ツーリング、本格的なレースまで!場面を選ばず大活躍してくれるモデルです!

 

続いて『LCA』¥110,250- ⇒ 大特価¥66,000-!!

※メーカー展示車の為、小キズがあります。

DARK BROWNカラー  フレームサイズ500 (適応身長175~190㎝)

『LCA』は初心者でも乗りやすい足付き性の良いスローピングした細身のクロモリフレームをベースに“SHIMANO TIAGRA” 10SPEEDコンポーネントで組み上げられた1台。

コチラのモデルも街乗りからレースまで幅広く活躍してくれます!

 

どちらのモデルも台数に限りがございます!気になる方はお早めに!


2012.Aug. 14

CANNONDALE 2013モデル紹介『ROAD編(CAAD10)』

2013年ではフレームの設計には変更が無いものの“ULTEGRA DI2”仕様車がラインナップに追加!

では、さっそくご紹介。

『CAAD10 BLACK EDITION』 ¥399,000-

昨年までのDURA-ACE仕様に替わりラインナップされたこのモデル。
電動コンポ“ULTEGRA DI2”が搭載され、かつ特別なカラーリングとなったプレミアムな1台です!

『CAAD10 3 ULTEGRA』 ¥269,000-

仕様に大きな変更はなくNEWカラーとなり登場!

『CAAD10 5 105』 ¥189,000-

コチラも仕様に大きな変更はなくNEWカラーとなって登場!
※フレームセットでの販売は105仕様と同じカラーリングとなります。¥149,000-(フレームセット)

※2013年モデルのスペック、その他ラインナップ等詳しい情報はスタッフまでお問合せ下さい。


2012.Aug. 14

CANNONDALE 2013モデル紹介『ROAD編(SUPER SIX EVO)』

ツールドフランスでのピーターサガンの大活躍でさらに注目を集める、世界最軽量ロードバイク『SUPER SIX EVO』の2013年モデルのご紹介!

『SUPER SIX EVO FRAME SET,BLACK EDITION』 ¥449,000-

EVOナノカーボンを使用し、世界最軽量を更新した2013年NEWラインナップ!

『SUPER SIX EVO FRAME SET』 ¥399,000-

昨年登場した“SUPER SIX EVO”が2013年は、“SUPER SIX EVO HI-MOD”と名前を変え登場!

『SUPER SIX EVO FRAME SET DI2』 ¥399,000-

“SUPER SIX EVO HI-MOD”のDI2仕様がついにラインナップ!

『SUPER SIX EVO HI-MOD DURA-ACE』 ¥749,000-

昨年より引き続き、ラインナップされたこのモデル。
新型HOLLOWGRAMクランクを搭載し、NEWカラーで登場!

『SUPER SIX EVO ULTEGRA DI2』 ¥499,000-

今期注目の1台!
HI-MODフレームと使用するカーボンを変更し、リーズナブルに仕上げたこのモデル。
重量は200g程増加したものの、乗り心地や反応などどこをとってもHI-MODフレームと遜色がない仕上がり!
先日開催されたブランドキャンプで実際試乗したプロ選手もフレームの違いが分からないほどです!
また、電動コンポ“ULTEGRA DI2”を搭載するなど妥協のない完成度です!!

ますます注目度の上がる『SUPER SIX EVO』から今年も目が離せません!!

※2013年モデルのスペック、その他ラインナップ等詳しい情報はスタッフまでお問合せ下さい。


2012.Aug. 14

CANNONDALE2013モデルが

ついに発表されました!!

各ジャンルごとに注目のバイクの一部をご紹介いたします!

CANNONDALE 2013モデル『ROAD編(SUPER SIX EVO)』

CANNONDALE 2013モデル『ROAD編(CAAD10)』

CANNONDALE 2013モデル『MTB編』

CANNONDALE 2013モデル『CROSS BIKE編』

CANNONDALE 2013モデル『KID’S編』

今回ご紹介しきれなかったモデルも、

2013年のラインナップ全て発表されています!

もちろんご予約受付、ご注文中!

詳しい情報はスタッフまでお問合せ下さい!


2012.Aug. 10

当店では、CANNONDALE 『CAAD 10』 の試乗車をご用意しております!!

フレームサイズは52cmとなります。

CANNONDALEの代名詞ともいえるアルミフレーム。

『CAAD10』には、長年培われてきた高度なアルミテクノロジーが結集されています!

驚くほどに軽量なフレーム、走行時の高い快適性、俊敏性、加速の良さを誇り、世界中のメディアから高い評価を得て来たモデルです。

その性能は競合他社のカーボンバイクに負けないほどです!

そんなCANNONDALEのテクノロジーを結集したバイク、是非その身体で体感してみて下さい!

もちろん「ロードバイク乗ったことないけど、どんなもんなの?」なんて方も大歓迎!
風を切って走る感覚を味わって下さい!

※試乗時の注意

・試乗の際、身分証明書をお預かりさせて頂きますので、お忘れなくご持参下さい。
・試乗車はスタッフバイクですので、タイミングにより店頭に無い場合が御座います。試乗希望日の前日以前にご確認のご連絡頂ける様お願いいたします。


2012.Aug. 5

初めてのロードバイクにオススメな装備をご紹介。

と言っても、通勤や休日のサイクリング、長距離のツーリングなどなど、人によって乗り方は様々です。

もちろん乗り方によって必要な装備も変わってきます。

そこで今回は、初めてのロードバイクデビューに最低限装備しておくと安心なアイテムをご紹介いたします。

装備その1『ライト』

夜間を安全に走行をする場合、絶対に必要になってきます!

フロントライトはホワイトの光のタイプ。
明るさ、バッテリーのタイプなど使い方に合わせて選びましょう!


リアライトはレッドの光のタイプ。
後方は走行中に目視確認しづらいので、後方から来る車やバイクからしっかりと確認できるモノを選びましょう。

装備その2『トラブル対策』

走行時に考えられるトラブル(パンク、チェーン外れなど)に対して対応できるアイテムがあると安心して走行が出来ます。

中央の携帯ツールは走行中のメカトラブルに対し活躍します。
携帯ツールによって機能が変わってくるので、最低限4・5・6mmのヘックスレンチと2番のプラスドライバーがあるものを選びましょう。

続いて、右側は予備のチューブ。
パンク時の交換用として必須アイテムです。パッチキットを装備する場合もありますが、初めての方は割り切ってチューブを交換してしまった方が作業が確実だと思います。

左側はタイヤレバー。
パンク時のタイヤの付け外しで活躍してくれます。

装備その3『携帯ポンプ』

パンク時チューブ交換してもエアーを入れられなきゃ意味がない!チューブと合わせて持っておきましょう。

ポンプと言っても、携帯ポンプは携帯用にかなりコンパクトに出来ている為、フロアポンプの様に高圧までエアーを入れるのはかなり大変!
あくまで応急用と考え、走行前のエアー圧チェックと、途中でチューブ交換した場合は帰宅後しっかりフロアポンプで適正圧までエアーを入れましょう。

装備その4『サドルバック』


サドルの下に取り付け、携帯工具や予備のチューブ、タイヤレバーなどを収納できます。
小銭入れや補給食などを入れるのもあり、身に着ける荷物が減らせるます。

装備その5『ドリンク』

走行時の水分補給は重要です!!

走行時は自分が思っている以上に水分が出てしまいます!
水分補給はのどが渇く前に、こまめに行いましょう!

まずは、ご紹介した装備程度で安心してスタートが切れるはずです。

選び方が分からない場合もスタッフがご案内いたしますので、お気軽にご相談下さい!

しかし!!チューブ交換など技術も必要となってくるモノは装備だけ充実させても、いざパンクした時の作業が出来ない事があります!
走行前に一度練習しておいてもいいかもしれませんね。

安心の装備で、楽しいロードバイクライフを送りましょう!!