2017.Apr. 17

しばらくぶりの晴れの週末は、皆様いろいろな所へ走りに行ったようですね。

ライド後に寄って頂いたお客様よりお土産話を伺い楽しさのおすそ分けを頂きました。

 

さて、先週の定休日に三浦半島へライドに行ってきました。

自宅より往復で約100㎞と丁度良い距離のため、定番のルートとなっています。

三浦ライド

 

 

最初に鎌倉、稲村ケ崎、七里ガ浜方面へ・・・

DSC_1850

↑ 由比ガ浜を見下ろす坂での1枚。

DSC_1863

 

↑ 七里ガ浜の駐車場、サーフィンをしている人たちを見ながら小休止。

ロングボードで楽しんでる方が多いエリア、以前に趣味としていただけについ見入ってしまいます。。

 

今回の目的の一つとして、「愛車と景色の写真を撮る」ということでガッツリ走るだけでなく、景色を寄り道をしながらのライドになります。車では躊躇するようなところまで気軽に行けるのが自転車のいいところです。

 

DSC_1869

 

↑ 葉山の小さな小さな海岸から小坪方面の景色です。海と山が一度に楽しめるのが鎌倉を含む三浦半島のいいところですね。

 

 

DSC_1881

DSC_1886 DSC_1890

三浦まで来るとより一層ローカルないい雰囲気になります。

 

ちょうど昨年の今頃にAACRに向けた三浦ロングライドイベントをしましたね。

DSC_0789 DSC_0778 DSC_0765 DSC_0763 DSC_0762

 

楽しくて美味しいライドでした。また行きたいですね!!

 


2017.Apr. 16

先日、『ROVAL CLX50 TUBELAR』 を納輪させていただきました。

IMG_6974

 

CLX32の軽量性と、CLX64のエアロ性能を合わせた死角なしのオールラウンドディープホイール。

50mmのハイトと27.4mmのワイドリム(クリンチャーは29.4mm)によってとてつもないエアロ性能を発揮しつつも、重量は1230g(クリンチャーで1375g)と非常に軽量。

全てのパロメーターが均一なただのオールラウンドではなく、全てが最高峰の数値というとんでもない逸品。

 

IMG_6969

 

クリンチャーモデルは現在メーカー完売中ですがこちらのチューブラーモデルは現在メーカー在庫がございます。

気になる方は是非、当店までお問い合わせください。


2017.Apr. 15

かいた汗を速やかに吸収すること。汗を吸ったらすぐ乾くこと。

そして衣服内を快適に保つこと。

一般的なライクラ素材のジャージだけではそれらは満たされません。

インナーウェアを着ることで、ライディングはもっともっと快適になります。

 

IMG_2596

 

そんなわけで当店ではMAVICのインナーをお勧めしています。

 

MAVICのインナーウェアに共通しているのがココナ社の「37.5」という特許素材を使用していること。

著名なアウトドアウェアのブランドもこぞって使用する注目素材なのですが、

一般的なポリエステルの5倍もの吸水・吸湿性能を持ち、速乾性を備えているという凄い素材です。

 

この素材を使用する事で衣服内の温度と湿度を常に37.5°、37.5%に保つ効果を実現!

というのがキャッチコピー。

もちろん自転車の乗車姿勢にマッチするよう、様々な工夫もこらされています。

ラインナップは全部で6種類あるのですが、今の時期に活躍する2つがこれです!

 

IMG_2597378019

■ホットライドベースレイヤー(ノースリーブ) ¥5,000+tax

外気温が15°~25°のコンディションで活躍するインナー。

袖なしの利点は腕周りの動きの自由度が高まること。

脇汗が気になる方にはショートスリーブ仕様もあります。

 

IMG_2646378023

■ウインドライドベースレイヤー(半袖) ¥8,500+tax

こちらは推奨の温度帯は特になく、防風性能を前面に押し出したインナーです。

春秋シーズン、微妙に寒いけどウインドブレーカーを着るほどでもない。

しかし風が強くて薄手の長袖ジャージだけだと厳しい・・・

そんな中途半端な時に活躍するのがまさにこれ!

季節を考慮して半袖をご用意しましたが、長袖タイプも在庫しています。


2017.Apr. 14

2017 134DL

■KONA PROCESS134DL Mサイズ

¥412,000 ⇒ 現金特価 10%Off !  ¥370,800+tax

 

「上りが苦にならないエンデューロバイク」との評価を確固たるものとしているPROCESS134。

2016年モデルよりヘッドアングルが68度→67度と 変更され、下り性能が向上。

それにあわせて各部ジオメトリが細かく改良されています。

たかだか1度と侮るなかれ、下りでの安定感、安心感は確実にアップしています。

 

最初カタログを見たときは好みが分かれる色合いかなと思ったのですが、

実物を見ると明るいことは明るいけど思ったほどではなく、いい感じでした。

山の中ではこれくらいの方が目立ちやすくて安心かもしれませんね。

 

IMG_2580IMG_2584IMG_2585

RACEFACEとのミックスコンポだった2016モデルですが、今年はモデルチェンジしたばかりのM7000系SLXで1×11速のドライブトレイン。

SLXのシングルチェーンリングはさすがシマノというべき精巧な仕上がり。

よくある平面的なナロウワイドリングとは一味違います。

 

ブレーキ関係やハブもSLXで統一。

フロントサスペンションはお馴染みのPIKEソロエアー、それにカインドショックのドロッパーポスト。

信頼性に溢れる実戦的なパーツアッセンブルです。

 

IMG_2588

人気モデルにつき、Mサイズは既にメーカー完売となっています。

当店在庫も残り1台のみ。

お探しの方はお早めに!

 

2016年モデルのPROCESS134もクリアランス特価で一台在庫がございます。

こちらも要チェック!


2017.Apr. 14

次回の朝練は4月15日(土曜日)開催です!

 

※開催日、集合時間、場所にご注意ください。詳細は下記の参照をお願いいたします。

IMG_6594

 

内容:矢野口-尾根幹(トンネル折り返し)-GROVE宮前平

走力アップを目的としたトレーニングライドとなります。

時間:8時30分出発/11時終了

集合場所:矢野口ローソン(東京都稲城市矢野口432‐1)

解散場所:GROVE宮前平

参加希望の方は出発時間までに集合をお願いいたします。

注意事項:ヘルメットの装着は必須。ドリンク等は準備の上ご参加を。

 

皆様のご参加、お待ちしております!!


2017.Apr. 11

 

 

【パンク修理講習会】のご案内

 

DSCN6574

 

パンク時対応の講習会を開催いたします。

日頃のライディング、不安をなくしてさらに楽しいものにしていく為に必要な知識です。

しっかりと身に着けて、こころおきなくライディングを楽しみましょう♪

内容:パンクの対処・チューブ交換方法を実際に作業ていただきながらスタッフがレクチャーいたします。

使用するホイールはGROVEでご用意いたします。

日時:4月16日(日) 11:00~12:00

場所:GROVE宮前平

募集人数:6名様程度

※当店で自転車をお買い上げいただいたお客様を対象としております。

※汚れても大丈夫な服装でご参加ください。

 

参加をご希望の方は店頭、お電話またはメールにて、お気軽にご連絡ください。

皆様のご参加お待ちしております!


2017.Apr. 11

先週の休日はヤビツ峠を含む110kmほどのトレーニングライドへ。

 

IMG_6851

 

 

FTPの向上を目指してパワーゾーンL4をメインに全体を通して高強度維持を意識してのライディング。

ヤビツのタイムは納得のいくものでは全くなかったですが、トータルとしては目的に沿う内容にできたのでは。

 

今回の課題としては、ハンガーノック気味になってしまった事。

自分で思ってる以上にエネルギー消費の激しい体なのかもしれません。(強度をあげていれば消費が増えるのは当たり前ではありますが…)

補給の量や回数、タイミングを再考する必要がありそうです。

 

そして気温も20度を超えついに半袖ジャージ、ビブショーツを解禁しました。

峠の下りこそ雪解け水が常に跳ねて冷たかったですがシーズンインを感じます。

 

今年はどのようなシーズンになるのか?楽しみですね


2017.Apr. 10

DSC_0398

前回雨で中止となったカフェライド、4月22日(土)にリベンジです!

まったりゆるめに走ってコーヒーブレイク。

スピードは控えめで参りますので、初心者の方もお気軽にどうぞ。

 

【イベント詳細】

日時 : 4月22日(土)

集合 : 9:00(GROVE宮前平)

走行距離 : 約35㎞

イベント終了予定 : 13:00前後

※イベント進行状況によって前後します。

募集人数 : 6名程度(当店車体購入の方を優先してご案内させて頂きます)

※安全のためヘルメット、グローブを必ずお持ちください。

※雨天等による中止のご案内は前日に当ホームページにてご案内致します。

 

皆様の参加連絡お待ちしてます。

 


2017.Apr. 9

DSC_0796-490x275

 

今年も出ますよ!

日産スタジアム サイクルパークフェスティバル!

 

実際の開催は9月末ですが、エントリー開始は5月中旬の見込みです。

皆様、今の内から心のご準備を!

併せてニューバイク、ニューホイール、ニューコンポのご準備もお待ちしております!

 

昨年の様子はコチラからご覧ください。

初参加の方も大歓迎です♪


2017.Apr. 8

2016 neor

■2016 PINARELLO NEOR size:460

¥220,000→¥165,000+tax (25%OFF!)

 

製造の難しさやコストの問題で、今やめっきり少なくなったカーボンバック構造を採用しているNEOR。

フルアルミともフルカーボンとも違う乗り味は今でも色褪せることはありません。

カーボン全盛の今だからこそ再注目したいモデルです。

 

現行PRINCEやRAZHAが先代のDOGMA65.1 の系譜であるのに対し、NEORは初代PRINCEをルーツとするモデルです。

すなわち、アルミやマグネシウムがピナレロの代名詞だった頃の面影を最も色濃く残しているということ。

世界初のカーボンバックを搭載した初代PRINCEが世に衝撃を与えたのが1998年。

PRINCEからFP、そしてNEOR。20年近く経った現在もこのシリーズがラインナップに残っている理由は何か。

それはかつての名車の輝きが、今なお古びていないことの証明に他なりません。

 

IMG_2551

IMG_2552

IMG_2560

IMG_2545

 

 

この他のPINARELLOクリアランスモデルはコチラをご覧ください。


2 / 3123