2020.Aug. 4

青森県の中央部に位置する白神山地。

秋田県北西部と青森県南西部にまたがる約13万haに及ぶ広大な山地帯です。
人為の影響をほとんど受けていない世界最大級の原生的なブナ林と貴重な生態系があります。 1993年に世界遺産(自然遺産)に登録されました。

その白神山地を抜ける弘前市から日本海は深浦町岩崎まで続く念願のロングダートを今回はリリースされたばかりのTURBO CREO SL EVOでのライド。 

過去2回試みるも、台風や大雨の影響による通行止めにより走る事が出来ず今回は念願のライドです。

スタートはアクアグリーンビレッジANMON。

エクステンドバッテリーにを装着し、予備の水は2Lをサドルバックに装備。

さらにおにぎりや冷たいCorkなど十分すぎるおやつと、バイクトラブルに対処すべくチューブ2本、パッチ、暖かいジャケット、ライトなど装備。

チューブレス化とカセットスプロケットをM8000にアップグレードした以外はデフォルトの仕様。

清掃が行き届いた施設。 穏やかに過ぎる時間が心地よくずっとのんびりできそうなロケーションでしたが、気を引き締めトイレとバイクのチェックを済ましスタートです。

ANNMONから1分で林道の入口に。

奥に見えるは念願のダート。約42km(実際は40kmほどでしたが・・・)

期待と不安(熊さんには絶対に合いたくない!!笑)を胸に走り出します。

深い山々がお出迎え。 気持ちの良い。

先ずは路面に合わせてタイヤの空気圧を抜きながら感覚を合わせてカスタム設定したECOモードでノンビリ。

しかしながら勾配があり砂利が深い場所でケイデンスが50に落ちたときアシストが弱くなるTURBO SL。  急勾配で荒れた路面でケイデンスを保てるフロントチェーンリングの小径化の必要性を感じました。

色々とテストしていきたいポイントです。

高いフレーム剛性はサドルの後ろに積載したバックの重量が全く気にならない程。 ふらつきもなく操作性は快適そのもの。

一つ目の峠『津軽峠』に到着。

ここはバスの停留所となっており、左奥が『マザーツリー』まで続くトレール。

折角なので訪問を散々迷いましたが熊さんが怖く断念(笑

一つ目のおにぎりポイント。良い景色とおにぎりの相性はやっぱり抜群。

ワクワクが止まりません。

林道ソロライドは怪我を出来ない緊張感と自然の中に身を置くリラックス感が堪らなく良いですね! 

ドロッパーシートポストが便利でダウンヒルセクションでのバイクコントロールがホント楽しい!!

2つ目の峠『天狗峠』に到着。

路面が程よく整備され38Cのタイヤが丁度良い感覚。

マウンテンバイク程のサイドグリップな無くコーナーリングの限界が低いのでコーナーリングで攻めすぎずむしろ安全。

たまに現れる舗装路がなぜだか天国のように感じホッとします。(笑

見渡す限りの山々。 鳥や虫の声がダートを転がるタイヤの音。

ロケーションにただひたすら酔っていると、2度目の熊の糞を発見しビビり・・・  緊張感を取り戻します(笑

ときより林道は森の中へ。

涼しくて木漏れ日のきれいな林道。  

ですが、先ほどの『熊さんの糞』といい、野生動物さんが怖くて落ち着きません(笑

そんなところに地元のバイク乗りの諸先輩方々に『自転車で走ってて熊は怖くないのかい?』と話しかけられメンタルにさらに追い打ちがかかります・・・

三つ目の峠『一ツ森峠』 林道に奇麗な青看板があるなんて何となくミスマッチ。  岩崎側は路面がキレイで走りやすい。

TURBOモードも使用しペースが上がります。

奇麗なダウンヒルセクション。

やっぱりダートは楽しい。 この時ばかりは熊さんの存在をこたぁ忘れて無我夢中。 CREO SLでライドする林道はスリルとスピード感が丁度良い! 

そして程よくダートも終わり岩崎側のゲートにて。

あとで知りましたが白神山地はツキノワグマの生息地で、山菜取りに3度出かけると一度は遭遇するほどだそう。

今回はバッタリ合う事もなく走り抜けましたがここを走る際はしっかりとした熊鈴と熊除けスプレーは必需です。

そして海を目指して再スタート。

潮の香りが鼻に届くころ

奇麗に整備された『白神ライン』の石碑で記念にて。

そして日本海を渡る気持ち良い風。

このまま海岸線を深浦駅までポタリング。

私がお勧めしたい、山の中から海をゴールにしたライド。

海がゴールって最高に気持ちいい。

相棒のCREO SL EVOとの貴重な思い出。 

TURBO CREO SL EVOの可能性を大きく感じたまさにピッタリのバイクでした。

白神山地のブナ林をロングダートで抜ける『岩崎西目屋弘前線』

ボリュームはライドタイム5時間 / 走行距離92km / 1,682UP

GROVEお勧めのダートツーリングルートです。

 


2020.May. 27

平素は当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大に対し、4月7日に発令された政府の緊急事態宣言が5月25日に解除されました。しかしながら未だ予断を許さない状況である為、当店におきましては当面の間、下記の対応を継続しながら営業いたします。

 

○ スタッフには出勤時に検温を含め体調の確認を行い、業務中は毎時うがい、手洗いを実施し、マスクを着用させていただきます。

○ ご来店のお客様には消毒用薬品を設置しておりますので、ご利用頂きますようお願い致します。

○ 出入り口やトイレ等の取手につきましては定期的に殺菌消毒いたします。

○ 店内は換気の為、極力入り口や排煙窓等を開けております。

○ 接客やお会計時などは一定の間隔を開けて対応させていただきます。

○ 店内の状況によっては入場制限をさせていただく場合がございます。

○ マスクを着用されていない方のご来店はお断りさせて頂いております。

○ 当店にて開催する野外でのライドイベントにつきましては引き続き自粛させていただきます。

  ※再開の際はあらためてご案内させて頂きます

 

上記取り組みに加え、状況により随時対応させていただきます。

お客様におかれましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程

よろしくお願いいたします。

 

また、自粛していたサービスも一部再開いたします。

・FITTING(フィッティング)

・ファーストライドサポート

上記サービスを6月1日より再開させていただきます。予約制とさせていただいておりますのでお問い合わせください。

ご対応させていただくスタッフにつきましては、マスクの着用・手指消毒・使用機材の消毒など、感染拡大防止に努め実施いたします。

 

※ファーストライドサポートにつきましては座学とパンク講習のみ再開とさせていただき、ライド講習は引き続き休止とさせていただきます。

 

上記取り組みに加え、状況により随時対応させていただきます。

 

お客様におかれましてはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

営業時間の変更のお知らせ

4月10日(金)より営業時間を短縮させて頂いておりましたが、6月1日(月)より通常営業となります。営業時間11:00~20:00まで(木曜日定休)

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。


2020.Apr. 22

先日、幸運にもSPECIALIZED Turboシリーズを試乗する機械に恵まれ私が強く『出会い』を感じた1台、CREO。

試乗させて頂いたルートは通常のロードバイクでは使用しないであろう変化に富んでいてフラットダートや路面の荒れたUPダウンなど変化に富んだルート。

アシストは聞いているのにペダリングの楽しさは失われていない感覚とその可能性に胸が高鳴りました。

最近、スポーツバイク界ではE-BIKEの話題が多くご興味をお持ちのライダーも多いかと思います。

その中でもSPECIALIZEDのE-BIKEは今までと違うぞって。

試乗させて頂いたのは2020 SPECIALIZED TURBO CREO SL EXPERT CARBON EVO。 

11rを使用したカーボンフレームとパーツアッセンブルがアドベンチャーバイク仕様となっているモデル。

先ずは一際目を引くカラーリング。 

ダートやウエットコンディションとライド後の汚れとの相性がよさそうなグラフィック。  

38Cという太目のスキンサイドのタイヤ、様々なライディングに必至のドロッパーシートポスト。

同グレードのRoad仕様のモデルに比べよ約900g重量増となるEVO。

Roadグループライドでの試乗でしたがアシストがあるE-BIKEなので迷わずこのバイクをセレクト。

駆動系はCREOシリーズ共通のギア比を採用しておりフロントはシングルギア。 

左右同じ形状の専用クランクをスペック。歯数は46tでBCDは 110。

リアはMTBのコンポーネントを採用し11T~46TカセットをXTb Di2ディレイラーでシフト。 

私が新しい可能性を感じたポイントの一つ。 50mmストロークのドロッパーシートポストを搭載。 

重量増になるドロッパーシートポストは通常は敬遠しがちになりますがここは快適装備として新たな感覚。

様々なシチュエーションごとで最適なサドル高を選択できる。 ここまではE-BIKEでは無くても同じですがダートやならダートやテクニカルな登りでもパワーアシストさえあれば操作性や快適性が高い『楽なサドル高』も選択肢に入っていても良いなと。 

ドロッパーシートポストの存在意義が車体の重量増を勝った瞬間でした。

そしてタイヤもその一つ。

装着されるタイヤはPathfinder Pro 2Bliss Ready, 700×38C。ちょっと太く感じますがチューブレスを相まって快適性に貢献。 

組み合わされるCARBONリムはC38と共通の物。 林道・酷道・廃道・秘境。様々な走ってみたい景色と共にワードが浮かんで来ました。

モーターによるアシストで初速の”重さ”が気にならず、24kmまですぅ~と押してくれるので30kmまでの加速もさほど苦にならないことも新しい感覚。 

ROUBAIXで好評のFuture Shock 2.0 w/ Damperを装備。 

当たり前ですがこれがそれはもう快適。

ダイヤル調整式となるFuture Shock 2.0は不要なストロークをダイヤル調整で調整が可能。 

38Cのタイヤと相まってダート走行でも快適すぎるくらい快適。 

最後にTOPチューブ上部にあるコントロールパネル。

スマートフォンとBluetoothで接続可能。 アプリケーションを使用し距離、心拍、標高とフィールドに合わせて様々な設定も出来てしまう。

航続距離はデフォルトのバッテリーで最長130km、最長65kmを上乗せすることも出来る”エクステンダーバッテリー”がオプション設定される。

さらに、アプリから距離を設定すれば消費電力をコントロールし指定した距離までコントロールしてくれ、アシスト介入の加減もコントロールが可能。

これだけの容量と設定範囲があれば、余程の不注意が無ければ林道の奥深くでバッテリー切れに見舞われることは無いでしょう。

悪路や荷物、様々な条件が重なるほどこのバイクの可能性を感じずにはいられないと。色々と妄想が尽きない試乗となりました。

ご興味のある方はこの機会に。

バイクの詳細やサイズ等々、是非お気軽にご相談下さいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

~~~ 政府による非常事態宣言後の当店対応について ~~~

お客様の安全とスタッフの健康状態を保つ為、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。