新着一覧


2019.Nov. 13

今シーズンは絶景の紅葉を求めて奥只見を旅して来ました。
厳冬期はクローズしてしまいシーズン始めと春先にしか営業できないスキー場があるほどの豪雪地帯、『 奥只見 』

新潟県と福島県を繋ぎ奥只見湖をグルっと一周できる国道352線があります。走行距離200キロ、獲得標高3000メートルのルートを走破しようというのが今回の目的です。事前情報では紅葉はピークを迎えタイミングはばっちり。

後は晴れを願うばかり。

翌朝目を覚まし外を見ると今にも降り出しそうな曇り空。

風は冷たく補給ポイントがほとんどない山道を雨の中走りきれるのか不安が募り、しばらく様子をみることに。

案の定雨が降り始め、天気予報を確認してもしばらく止まないらしい。晴れ予報の明日に期待し、初日のライドは断念・・・。

 

天気予報を信じ迎えた翌朝は見事な快晴。

雨の翌日は葉っぱに残る水滴がキラキラと輝き、紅葉を堪能するにも絶好の条件が整いました。いよいよ本来の目的の奥只見湖へ向かって出発。

走り始めて思ったことは、このタイミングで来れて良かったということ。コーナーを抜けるたびに木々はの色づきは濃くなり、日陰と日向と交互にリズムよく登っていきます。路面もとてもきれいで、ただただ気持ちのいい道が続いていきます。

途中景色が抜ける場所がたくさんあり、方角も違うので様々な景色を楽しむ事ができました。

 

絶景に次ぐ絶景に感動し、秋の奥只見を満喫。

今回は日没と新潟からの帰路を考慮し、奥只見湖の船着き場に到着した時点で引き返すことに。

船着き場で地元のおばちゃん自慢のけんちん汁が疲れを癒してくれました。

新緑の季節もまた絶景に出会えそうなので奥只見一周はお預けにします。

自転車を使い自分の足で走ると喜びもひとしお。

大満足のライドになりました。

 

予定外の【番外編】

今回のサブテーマは「自転車+ドライブの旅」。

悪天候での予定変更にもフットワーク軽く対応できます。ここが一番の魅力ですね!

初日のライドを断念し天気予報を確認すると新潟市内が晴れてる様子。

折角遠くまで来たので、日本海を見に新潟ポタリングに向かうことに。

私自身は何度か訪れたことのある新潟。

ある程度街のことを知っていたつもりでしたが、自転車で走るとまた違った印象を与えてくれます。

どこも新しい発見の連続でとても新鮮な気持ちで街を楽しむ事ができました。これも自転車で旅をする一つの醍醐味ではないでしょうか。

 

自転車で走ることで更に深く新潟の街を知ることが出来ました。

「自転車+ドライブの旅」おすすめです。

さぁ、次はどこに行こうかな!

 


2019.Nov. 12

満を持して12月に再開催が決定しました!

今回の試乗会は12月14日(土)~12月15日(日)の2日間にて開催。

話題のニューモデルの3車種が揃い踏みとなっております!

実体感から見えてくるバイクの素性の良さを感じ取って頂きたい2Days。

合わせてご試乗頂いた方に特別特典のご用意させて頂きました。 

cannondale 2020年モデルをご検討の方は是非この機会に。

試乗車のご用意は下記の通りです。

cannondaleの世界最速のロードバイク「SystemSix」

◆SystemSix HM D/A Di2 BBQ サイズ:51

 

新たな歴史が始まるNEW「SuperSix EVO」

◆SuperSix HM Disc D/A Di2 BLK サイズ:51

◆SuperSix Crb Disc Ult GDF サイズ:54

 

生まれ変わったアルミの神「CAAD 13」

◆CAAD13 Disc Force CHP サイズ:51

 

オンロード・オフロードもこなすグラベルバイクの進化系「Topstone Carbon」

◆Topstone Carbon Force eTap ARD サイズ:XS

バイクのキャラクターは実際に体感してみるとイメージとは全く違う事に気付くはず。  特に2020モデルはその傾向が高いんです。

是非この機会にご試乗くださいませ。

 

※ご試乗には身分証明書が必要となります。未成年の方は保護者の同意が必要となります。何卒ご理解の程お願い致します。

(ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。)


2019.Nov. 11

GROVEが自身をもってオススメするSPECIALIZED ALLEZ シリーズ。

初めての一台はもちろんですが、通勤用・練習用のセカンドバイクとしても大活躍してくれるALLEZ をスペシャルオファーにてご案内です!

このバイクの特徴は、登り、コーナーリング、スプリント等、走行性能の全てがなかなか良いバランス。

スペシャライズド史上最も先進的なアルミロードバイクで、他社のカーボンバイクを上回る性能を発揮します。

在庫車限りのスペシャルオファーとなりますので、ぜひこの機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

・ALLEZ ELITE 52 サイズ BLU  ¥149,000 → SPECIAL CASH PRICE+ポイント還元

・ALLEZ ELITE 54 サイズ BLK  ¥149,000 → SPECIAL CASH PRICE+ポイント還元 ※ご成約有難う御座いました。

・ALLEZ SPRINT COMP 49 サイズ BLK  ¥185,000 → SPECIAL CASH PRICE+ポイント還元

 

ぜひ店頭にてご覧ください。ご来店お待ちしております。


2019.Oct. 5

フルモデルチェンジを果たしたモデルが是揃った2020ラインアップ。

話題が絶えないNEWモデルに限定したスペシャルオファーの御案内です。

対象車種は2020年NEWモデルとしてリリースされた4車種。
・2020 SystemSix
・2020 SuperSix EVO
・2020 CAAD13(ウィメンズモデルを含みます)
・2020 Topstone Carbon
以上となります。 思い切ったスペシャルオファーです。
受付期間は 10月1日~12月1日のお申込みまでとなります。

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ。

皆様のご来店をお待ちしております。


2019.Oct. 5

私がフィールドで存分にRideした印象は『 乗り易い 』の一言。

当店おススメのPROCESS153 DLが特別な条件でのご案内です。

SPECIAL PRICE & ポイント還元サービスとなっております。

今シーズンのデビューも間に合います。

ビギナーにとって一番不安なセットアップも、ハンドルバーの長さや高さ、

サスペンションセットアップのコツも合わせてレクチャーさせて頂きます。

もちろん、在庫車限りとなりますのでこの機会を是非ご利湯くださいませ。

以前、PROCESS134DLに乗っていた頃の良いフィーリングが残されていて気持ちいい。

実際の重量感とは裏腹に速度域が上がってくると、『 ふっと 』と軽く感じる感覚と

サスペンションの動きが感覚的に掴みやすいところは特にそう感じました。

間違いなくビギナーにもライディングを習得するのには最適なバイクだと。

150mmクラスのENDUROバイクをご検討中の方は、是非、候補に入れて頂きたい1台です。

PROCESS153 29erとはかなり悩ましい選択となりそうです。

GROVEではMサイズ以上の体格を持つライダーは29er。

Sサイズがジャストのライダーには27,5が良い選択方法とお勧め致します。

もちろん、ライダーそれぞれに楽しみ方のスタイルがあるのでご相談いただければと思います。

 

パーツスペックはNXシリーズ。ユニットは、RockShox DeluxeRT。

このPROCESS153シリーズはリア周りの剛性感は特筆もの。

下半身でバイクを押し込んだ時や、鋭角に向きを変えるようなコーナリングの際に

気持ちよくバイクが反応。

なるほど。 リア回りの剛性に対するメリットはここかと。

またサスペンションの動きに対する反応も剛性が一役買っているのが良く感じます。

これは乗っていても気持ちよく感じる部分。

こちらはサスペンションユニットの取り付け部分。

メカニックとしてはワイヤーの取り回しにストレスを感じないところも好印象。

既にメーカー完売のPROCESS153DL 27,5 Sサイズ。

GROVEお勧めの1台です。


2019.Sep. 24

2019 Sequoia Elite メーカー販売価格¥330.000-(税抜)

クリアランスプライスと合わせてポイント還元のスペシャルオファーにてご案内です。

SPECIALIZEDのホームページにあるBike紹介ページの冒頭は、こんなコメントから始まります。

『「伝統的」なロードバイクとツーリング専用バイクの間で悩み抜いた経験のあるライダーは、ひとりやふたりではありません。しかし今や、ジャンルの垣根を越えこの2タイプを融合させたバイク、Sequoia Elite。』

なるほど。

そんな世界観を映像にしたAdventure Dispatchシリーズ。

SPECIALIZED YOUTUBEにあります。

SPECIALIZEDのブランドイメージは、日本ではこのようなイメージを抱いてる方は意外と少ないハズ。

カッコいいじゃん。こんな遊び方。

先ずは、見るべし!!

私はこれ見てバイクコントロールが上手だぁ・・と。

上手だと、マシマシでカッコよく見えてしまうのは私だけでしょうか?(笑

バイクスキルが高いと、ちょっとしたダンシングや小ワザとかに滲みでてきますね~

これはカッコいいなってなっちゃいますね~。

ではでは、BIKEのご紹介ですが、先ず目を引くのが、

 

デニムの素材感がカッコいいサドルとバーテープ。

2019モデルのフレームカラーKombu(昆布!?)カラーとの相性も良く雰囲気抜群。

 

道具感に溢れてるデティールのカッコよさ。

フレームにリベット打ちされたプレートやバルブホールのプレート。リムの内寸は25mm。

フレームのパイピングも、サイズ別でカスタムすることにより最適な剛性フィールを実現しているとのこと。

もちろん、フェンダーマウントやキャリアマウントも装備。

 

ハブにも。フロントフォークはFACT CARBONフォーク。

クロモリらしい細いシートチューブとは対照的なかなりボリューミーなフロントフォーク。

このバイクなら縁石がジャンプセクションに見えてくるのかな。

日本ではどんな遊び方のスタイルになるのかな。

最近、このブログで入荷バイクをご紹介させて頂いているのですが、

私が欲しいバイクばかりなので、物欲を抑えるのに一苦労(笑

もちろんこのバイクも欲しいです。当然です(笑

はい。是非とも現車をご覧いただきたい1台です。

ラスト1台のラストチャンス。

皆様のご来店お待ちしております。


2019.Sep. 17

2019 SPECIALIZED ENDURO COMP27.5 メーカー販売価格¥380.000-(税抜)

ALL NEW ENDUROがリリースされ29erだけのラインナップとなってしまい、残念と感じてる27.5ファンも多いのではないでしょうか?

早期メーカー完売となってしまったこのモデル。 Mサイズをラスト1台に限りクリアランスプライス&ポイント還元とスペシャルな条件でのご案内です。

Webや印刷されたペーパー上と日差しの下では、

大きく印象が変化するBattleshipカラー。

ENDUROは170mmのサスペンションストロークを持つため、

イメージからか敬遠されがちな印象があります。

実はイメージよりも想像を超えて軽快なライドフィーリングをもっています。

最近では他メーカーも多く採用し始めたホルストリンク形状のリアサスペンション。

第一印象で『良く進む』というインプレッションをよく耳にします。

熟成の進んだFSRシステムと、2.97:1という特殊なレバー比を採用しているサスペンションユニット。

搭載されているリアユニットは、ENDURO専用にチューニングされているんです。

決して、モサっとした持て余すようなフィーリングではありません。

例えるなら”軽快かつ懐が深い”が近いでしょうか。

これからもライダーも、27.5ファンにもお勧めのENDURO。

是非、この機会にご検討くださいませ。


2019.Sep. 15

クリアランスプライスに加えポイント還元率5%でのご案内です。

NEWモデルのCAAD13-105の問い合わせは多く注目が集まっていますが、このCAAD12-105も再熱しているのはご存知でしょうか? キャノンデールらしいロゴのフレームデザインはラストモデルとして再注目されているんです。

太陽の下で栄えるパープル。 サイズは50サイズのみ。

なかなか、パープルのバイクが欲しくなることはあまりないとは思いま、実車を見るとその固定概念が覆される雰囲気を持っているのがこのカラーでしょう。

是非この機会にご検討くださいませ。

光の当たり方によって色の濃淡の印象が変わる紫が何とも美しい。

アッセンブルされる105は最新のR7000系

価格を含め隙のないスペックのCAAD12はこれからロードを始める方にも、シリアスなライダーにも最高の相棒となること必至。

当店にて自転車をご購入頂いたお客様に、末永くサイクルライフを楽しんで頂ける様“5つの特典”が付随した
PREMIUM MEMBER’S CARDを発行させて頂きます。

詳細はこちらをご確認くださいませ。


2019.Sep. 4

沢山のリクエスト頂いたSpecializedの試乗会。
GROVE宮前平店に9月21日(土)に開催決定いたしました!

さらに試乗会特典もご用意させて頂きました。

宮前平店だけだは無くMGMグループ各店でご試乗頂いた皆様に各店でご利用頂ける大変お得なクポーンをプレゼントさせて頂きます。クポーンの有効期限は1カ月。  是非、この機会にご試乗くださいませ。 

・S-WORKS ROUBAIX Etap DISC 49、52、56

セカンドジェネレーションとなったフーチャーショック。 オイルダンパーを装備し振動の波長やハンドルに加わる荷重に合わせて圧縮側のダンピングを調整できます。  かなりフィーリングが変わり無駄な動きを一切しないところまでダンパーを効かせることが出来ます。  理屈ではなく体感して頂きたい一番のシステム。  高いスタビリティは悪条件ほど武器になるでしょう。

・S-WORKS VENGE Di2 DISC  49、52、54、56

私のファーストインプレッションは『エアロロードに乗っている事を忘れてしまうエアロロード。』  ライドしてしまうとビジュアルからくる先入観は完璧に覆されると言っても過言ではないでしょう。 様々なレースシーンで活躍を見れた2019シーズン。 なるほど。っと頷けるはず。

S-WORKS TARMAC Di2 DISC 49、52、54、56、44(WMN) 

実は後出のVENGE、ROUBAIXはこのTARMACのハンドリングをベースにライドフィールをチューニングされています。  そうSPECIALIZED S-WORKSシリーズのベンチマークに当たるTARMAC。  SPECIALIZEDのROADバイクセレクトでは絶対に外せないバイクでしょう。

ROUBAIX SPORTS 54

フーチャーショック1.5を装備し、荒れた路面でのスタビリティ、下りでの扱いやすさ、ブレーキング時の安定性等々、 ビギナーが100%恩恵を受けられるシステムに間違いありません。   

・S-WORKS STUMP JUMPER FSR CRB29 S、M 

私の仲間内では『ずるいバイク』と言われるほどのスペックを超えたマウンテンバイクがSTUMP JUMPERシリーズ。  日本のフィールドに幅広くマッチする一台になります。  フィールドでのテストライドではありませんが、そのペダリングフィールやジオメトリーからくるポジショニング、操作感を是非ご体感ください。

ペダリングでアドバンテージとなり得る超軽量シューズEXOSは、アッパーの柔軟性からくる快適性は特筆もの。思わず、シューズってフニャフニャでも良いんだ!と。合わせて幅広いライダーからの指示を受けるS-works7シューズ。 レギュラーフィットとハイボリュームバージョンをご用意。

ご試着可能サイズ

S-WORKS 7ROADシューズ レギュラー、ワイド 36~45 

S-WORKS EXOSシューズ 36~45

消費税増税も10月と迫ってまいりました。

この機会を是非ご利用くださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ご試乗につきましては身分証明書が必要となります。 未成年の方は保護者の同意が必要となります。何卒ご理解とご了承の程お願い致します。


2019.Aug. 29

宮前平から約220km。 長野県伊那市にそのトレールは存在します。
マウンテンバイク用のトレール造成好きが講じて『TRAIL CUTTER』を設立したのがこのMTBツアーの代表 名取 将さん。 伊那の自然と彼の拘りが詰まったTRAIL。 ここにしかない魅力があるんです

今回は私がお勧めするご当地『トレール』にGROVEイベントでお邪魔しました。 

真夏にも関わらずスタート付近は標高も高く森の中もすがすがしい。 あまり人が入らないエリアなので別世界。

新しく開拓された解放感タップリのオープントレールエリア。 冒頭にある山々の景色はこのトレールヘッドになります。

私が地べたに寝転んでのカメラワークなので目が笑ってますね(笑 木の根まで奇麗に取り除かれているのでバイクが不意な挙動をしません。  スムースで気持ちの良すぎて顔が緩みっぱなし(笑

今回、お世話になったガイドのお二人、実は私の十代からの自転車仲間でもある越中さんと冬場はスノーボードのインストラクターもしている竹田さん(女性)。 明るくちゃきちゃきしていて女性の参加者には心強い存在。 楽しいアテンド有難う御座いました!!

https://www.tonkatu-takeda.com/

そして、私自身『TRAIL CUTTER』とセットな『たけだ』のとんかつ。 是非お試しあれ!

暑い中でしたが、気持ちの良いトレールで熱いライドをご一緒させて頂いた皆様!!  ご参加有難う御座いました!  マウンテンバイクの楽しみ方は奥が深い!  また皆さんの気持ちの良いRideに行きましょう!!