新着一覧


2019.Apr. 11

良いバイクの条件は何かと言われて皆さま何を思い浮かべるでしょうか?

速いバイク、楽なバイク、軽いバイク

そして、それらを全て兼ね備えていること。

 

満を持して登場したSPECIALIZED NEW “ROUBAIX”はまさにそれを体現するバイク。

進化したFuture Shock2.0は20mmのストロークと油圧ダンパーで衝撃を吸収。

この新システムはひとつのダンパー回路でコンプレッションとリバウンドを同時に制御。

手の届きやすいステム上にダイヤルを設置して走行中にもダンピングの調整が可能。

 

新しいPAVEシートポストとドロップドシートクランプはリアのコンプライアンスを高めます。

前作のCGRシートポストとコンプライアンスは同じままで70gも軽量。

TARMAC SL6と同じ断面形状(D型カムテール)を採用しエアロ性能も秀逸。

 

VENGEの開発過程で蓄積したチューブシェイプライブラリーから生まれたフレーム形状によりNEW ROUBAIXはTARMAC SL6よりエアロ性能が向上。

 

Rider First Engineered採用で剛性感と乗り心地は全サイズ共通。

 

フレーム重量は900g以下。

タイヤは33cまで装着可能。

 

振動吸収と空力を高いレベルで両立した新型ROUBAIXはスムーズな走りで速さを引き出す。

 

 

 

実際にライドする機会をいただきました。

漕ぎだしは軽く、踏んだ時にはしっかりとロスなくそして嫌味なく答えてくれる剛性感。

荒れた道もライダーには滑らかに感じさせる。フィーリングはナチュラル。

路面追従性の高さによって得られる安心感と推進力。

これは、速い。

 

正直なところ皆さまの中でROUBAIXといえばエンデュランスロード・快適バイクというイメージが強いのではないでしょうか?

新しいROUBAIXはそのイメージを打破する。

 

全てのシーンでライダーの求めるものを満たす。

エンデュランスの王者からロードの王者へ。

これは、良いバイク。これこそが、良いバイク。

 

 

 

 

そして、言葉だけではこの良さ伝わらないと思います。

百聞は一見に如かず。ならぬ、百聞は一乗に如かず。

ということで当店では試乗車をご用意いたします。

新ROUBAIXの実力、実際にお確かめください。


2019.Apr. 5

当店展示車と同じスペックのPROCESS153 DL27,5を試乗する機会に恵まれました。

私がフィールドで存分にRideした印象は『 乗り易い 』の一言。

以前、PROCESS134DLに乗っていた頃の良いフィーリングが残されていて気持ちいい。

実際の重量感とは裏腹に速度域が上がってくると、『 ふっと 』と軽く感じる感覚と

サスペンションの動きが感覚的に掴みやすいところは特にそう感じました。

間違いなくビギナーにもライディングを習得するのには最適なバイクだと。

150mmクラスのENDUROバイクをご検討中の方は、是非、候補に入れて頂きたい1台です。

PROCESS153 29erとはかなり悩ましい選択となりそうです。

GROVEではMサイズ以上の体格を持つライダーは29er。

Sサイズがジャストのライダーには27,5が良い選択方法とお勧め致します。

もちろん、ライダーそれぞれに楽しみ方のスタイルがあるのでご相談いただければと思います。

 

パーツスペックはNXシリーズ。ユニットは、RockShox DeluxeRT。

このPROCESS153シリーズはリア周りの剛性感は特筆もの。

下半身でバイクを押し込んだ時や、鋭角に向きを変えるようなコーナリングの際に

気持ちよくバイクが反応。

なるほど。 リア回りの剛性に対するメリットはここかと。

またサスペンションの動きに対する反応も剛性が一役買っているのが良く感じます。

これは乗っていても気持ちよく感じる部分。

こちらはサスペンションユニットの取り付け部分。

メカニックとしてはワイヤーの取り回しにストレスを感じないところも好印象。

既にメーカー完売のPROCESS153DL 27,5 Sサイズ。

ゲレンデフィールドのオープンまで間近とせまった4月。

GROVEお勧めの1台です。


2019.Mar. 30

当店ではただいま春のサイクルライフ応援キャンペーンを開催中!!

本日はその中のファイナルクリアランスキャンペーンより、オススメバイクのご紹介!!

■2018 GAN RS ULTEGRA 131/MAGRIA NERA  515サイズ

定価¥498,000(税抜) → 春のサイクルライフ応援キャンペーン!!30%OFF!¥ 348,600(税抜)

最近注目のキーワード”オールラウンドエアロバイク”。

そりゃ平地、登り、下りどこだって一台でこなせればそれに越したことはないですよね。

GAN RSはまさにそれを体現したバイク。

東レT900カーボンが高強度高剛性でかつ軽量なバイクを実現。

フラットバックチューブデザインが最高のエアロ性能を発揮。翼断面形状が多かったエアロロードも今ではこのカムテールデザインが増えてきましたね。

コンポーネントは新型のR8000 ULTEGRAと文句なし。

ホイールのみチェンジしてあげればすぐにも第一線を走れるバイクに。セミディープなんかが合いそうですね。

店頭在庫1台のみ。お見逃しなく。

 

快適なサイクルライフには適正なサイズ選びがとても大事になります。お気軽にご相談ください。

また、フィッティングもおススメです。

当店にて自転車をご購入頂いたお客様に、末永くサイクルライフを楽しんで頂ける様“5つの特典”が付随した
PREMIUM MEMBER’S CARDを発行させて頂きます。

詳細はこちらをご確認くださいませ。


2019.Mar. 22

The All New Carbon Process 29 – With Connor Fearon from Kona Bikes on Vimeo.

冒頭からの映像ですが、個人的に何度もみてしいますね。

上手でスムース。 このバイク買えばこう乗れるの?っと錯覚しちゃいますね。

GROVEでは、SPECIALIZED ENDURO、STUMPJUMPERとご紹介させて頂いておりますが、

お次はPROCESS153 29er。

2019KONAで、GROVEが選択肢の一台に挙げて頂きたい29erエンデューロバイクです。

29erのホイールをスペックする153mmストローク前後のエンデューロバイクには

正直に良いイメージはありませんでした。

ライドフィールに癖がありその印象は29ホイールからくるデメリットと捉えたのがその要因でした。

そんな固定概念と化した印象を打ち壊してくれたのが、このPROCESS153 29er

27,5ホイールに乗っているかのようなサイズ感。

ブレーキングではレバーを握る右手の力が明らかに違い、挙動も安定。

斜度がある急なロケーションでの安心感は、27,5ホイールとは別次元。

コーナリングでも、明らかに接地感が高く限界は一つ上がった印象を受けました。

PROCESS153の27,5と29erを同じ日に同じロケーションで乗り比べたのでその違いは歴然。

そしてここが大事なのポイント。

このバイクは『 29erホイールの恩恵がありながら楽しいバイク。』

KONAらしい味付けとも言える魅力としては26ホイール、27.5ホイール、29ホイールと

乗り継いできたライダーが不思議と直感的に乗り易いと感じさせるフレームデザインを、

このバイクは持っているんですね。

2018モデルとはどこの変更も内容に見受けられますが、リンク部分のデザインが大幅に変更されてます。

その目的は剛性アップ。

試乗すると、リアバックの剛性の高さが際立つPROCESS。

2018モデルとはどこの変更も内容に見受けられますが、リンク部分のデザインが大幅に変更されてます。

その目的は剛性アップ。

スキルのあるライダーに試乗させると、リアバックの剛性の高さがまず初めに指摘されるPROCESS。

ベアリングも大口径の物を採用し、耐久性も高くなっています。

日本製もステンレスベアリングに換装すると、飛躍的にベアリング寿命も延びるというデーターも。

サイズ展開はMサイズからになるので、必然とライダーの体格に制限はありますが、

よりメリットの高い選択肢になるのではないでしょうか?

GROVEでは、Mサイズは29erを。

Sサイズが必要な方のために、27,5ではSサイズを店頭でストック。

春のサイクルキャンペーンも開催中。

この機会に是非ご検討くださいませ。


2019.Mar. 12

GROVE鎌倉・港北・宮前平・青葉台、アウトドアスペース風魔横浜を運営するMGMグループによるレーシングチーム、「MGM GROMA RACING TEAM」(エムジーエム グローマ レーシングチーム)を発足し活動していきます。

2019年シーズンより実業団登録をしJBCFや関東近郊のロードレースから参戦していきます。レース活動から得られたフィードバックも今まで以上に皆様にお伝えしていきたいと考えています。

チーム員も随時募集中!詳しくは各店スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

https://www.facebook.com/gromaracingteam/

まずは今週末、JBCF 修善寺ロードレースへ参加いたします!

皆さま応援よろしくお願いします!


2019.Mar. 11

快適なライドにとって非常に大事な要素となるのが、「インナー」です。

では、ただ単に何でも良いので着れば良いのか?答えはNO。

何を着るかが大事です。

 

当店で強くオススメしているのはASSOSのインナー、「SKINFOIL」。

とにかく身体から汗を剥がす事に優れているというのが特徴。

 

これがもう別次元に。

 

峠を登って汗をかいたまま下ると汗冷えで凍えた経験はありませんか?また、その経験のせいで行き先に制限をかけてしまっていませんか?

SKINFOILを着用すれば今までのその概念は消え、シーズンを通してより幅広くライドライフを楽しむ事ができます。

私は峠の頂上につくや否や直ぐに下ってしまう人間なのですが、SKINFOILを着てからというもの冷え知らず。手放せません。

ようやく春が訪れましたが、昨日や本日の気温の感じであればロングスリーブジャージにロングスリーブのSPRING/FALLがおススメ。

もう少し暖かかくなってきたら半袖ジャージにロングスリーブのSPRING/FALL。気温の変化がある場合は半袖ジャージに半袖のSPRING/FALLそしてアームウォーマーでの調整がグッドです。

 

第2の肌ともいえる究極のインナー”SKINFOIL”

ただし、その効果をしっかりと発揮するにはサイズが肝。ご相談ください。

 

そして、ASSOSといえばインナーと”ビブショーツ”。

新世代のS9もお確かめください。

ASSOS 2019SS START!!! S9入荷!!!


2019.Feb. 25

お題目は『 下り坂 』

皆さん苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか?

また、ロングライドでは下りセクションで無駄な体力を消費しないのもスキルの一つ。

もちろん、コーナリングにもつながりブレーキングにも繋がります。

さらに効率や速さだけではなく安全性にも繋がってくるんです。

 

その要になるのが『 ニュートラルポジション 』

お題目をニュートラルポジションにしてしまうと、なかなかイメージが繋がりにくいですよね。

なのでメリットをイメージしやすい『 下り坂 』 がピッタリなんです。

 

バイクのどの位置に重心バランスを持ってくるべきなのか。

加重ポイントは3カ所。ハンドル、サドル、ペダル。

ロードバイクはサドル位置に対する腰の位置依存が強くなりがち。

その為、加重移動を走りに生かし切れていないライダーも多いと思います。

 

今回はニュートラルポジションを紐解く “ レシピ ” をレクチャーさせて頂きました。

  

先ずは、普段のイメージ通りにスタンディングを取って頂きす。

特に、違和感がない画像かと思いますが、この度受講頂いた3名様はこのフォームをみて

各々に感じる事が出来ているはず。

 

シンプルにペダルの上に立つことを、足裏感覚がつかみやすいスニーカーで行います。

安全な固定ローラーでシンプルに感じて頂くのが第一歩。

そして足首から意識を変えて、膝から腰に移していきます。

また、ハンドルに伸びる腕の脱力や手の平感覚も大事なポイントです。

例えるなら、どのような斜面でも静止状態でハンドルを握る必要がある姿勢は

バランスが崩れている一つの目安です。

 

ここで何パターンかをライダー自身で体感して頂き、

重心バランスを探るセンサーにスイッチを一つずつONにしていきます。

一度体感してしまえばその重心バランス探るのは簡単。

 

次に実践編です。

当店のすぐ近くにある“ 激坂 ”で実際に体感して頂きます。

ペダル位置の感覚がわかりやすスニーカーでライディング。

激坂だとブレーキ制動と斜度で、安全性の高いスピードでの再現性が高くなります。

先ずは、足を離してノーフットライド。

ポイントを直感的に体感して頂きます。

走りながら直感的に探る感覚に紐付けて行けば斜度に関わらず、より安全により気持ちよく

自転車を進めていくことに繋がってきます。

これは、楽ポジションの片足下ろし。

片足下ろしはカウンターバランスになりますから加重位置が大事です。

手の平、サドル、足首、センサーを上手に使い分ければ、

快適性、安全性、フォームと自然にバランスが整っていくはず。

 

ニュートラルポジションと聞いてイメージ湧かない方は、是非受けて頂きたいメニューです。

その中でも特に初心者と女性は必ず受けて頂きたい。

体重が乗るポイントは、サドルとハンドルとペダルしかありません。

意識をするだけで直ぐに感覚は養え、再現性の高いロードバイクはフォームの修得も早いはずです。

 

テーマは『 下り坂 』と平凡ですが、伝えたいのは基礎中の基礎スキル。

重心バランスのレクチャーでした。

 

私は、マウンテンバイク・ロード問わず、常にニュートラルポジションを探って探って走ってます。

ペダリングもハンドリングもコーナリング最中も。

その探りながら走るのも私の楽しみの一つ。

 

ライドスクールは随時開催しております。

ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

◇ ◇ ◇ 今後のイベント予定表 ◇ ◇ ◇

3月 2日(土) 【MTB】 グットモーニングライド

3月 3日(日) 【ROAD】 みなとみらいブランチライド

3月 9日(土) 【WORKSHOP】 輪行も出来ちゃうメカニカルスクール

3月 10日(日) 【ROAD】 モーニングライド

3月 16日(土) 【Rideスクール】 登坂克服ライド

3月 17日(日) 【MTB】 YAMABUSHI TRAIL&MGMツアー※満員御礼

参加ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

※弊社グループ各店舗にて自転車をご購入頂いた方を優先とさせて頂いております。

予めご了承下さいませ。


2019.Feb. 19

ビッグプーリーとはプーリーを大型化することによってチェーンの摺動抵抗を減らし、より効率良く走ることが可能になるというアイテム。

効率が良いということはより楽に、速く走れるということ。

当店でオススメしているカーボンドライジャパンのビッグプーリーは細部まで拘り抜かれ、非常に高い精度で作られているのがまず第一の特徴。これはもうお取付をさせていただいて実感。

そして最新世代のV3は、

非常に軽く、高強度で耐摩耗性が高く、静音性に優れ、摺動抵抗の低さなど素晴らしい特性を持ったスーパーエンプラ樹脂「AURUM+CF30」(オーラム+カーボンファイバー30%)という素材で作られた次世代プーリーへと進化しています。

 

適用モデルも広く、現在メインとなっているものはほぼ取付可能。

先日SRAM etapに装着させて頂きました。

オーナー様より

「様々な条件の違いがあるのでどこまでがプーリーのおかげかは分からないが、峠のタイムが縮んだ」との事。

インパクトと高級感のあるルックスも良きですね~。

 

この良さ、是非実際にご覧いただきたい!

ということで近日当店にも在庫分が入荷予定となっております!(SHIMANO R91xx/R80xx系用 V3 フルセラミック マットカラーモデル ¥49,000-税抜)

お楽しみにどうぞ!(追記2/22:入荷致しました!!)

 

 

 

 


2019.Feb. 18

なんとも言えないBLUEとロケットレッドが相性抜群のEXPERT。

フレームはFACT11mCARBONにROVAL CONNTROL CARBONホイール、

組み合わせるフロントフォークはRockShox SID BRAIN。 Lサイズなので100mmストローク。

気になる重量はデフォルトのスペック、ペダル無しで10,260kg。

※チューブレス化は行っています。

軽量化するポイントは残されているので、これから楽しみの一つとなるでしょう。

グリップはカラーを合わせつつ、一度は使用する価値ありのESIグリップ。

ハンドルは予め720mm幅にカット、合わせてホース類も調整済みです。

納車の際は、ご相談させて頂きながら納車整備のメニューを組み立てていきます。

ハンドルバーのカットやチューブレス化は工賃は発生いたしません。

交換や追加で発生した部品代はお見積もりの際にご相談頂ければと思います。

同色で演出されたロゴがこれまたカッコイイですね!

ワークスバイクのような雰囲気がいい。

COMPとは雰囲気が一味が違った印象ですね。

先日のグットモーニングライドでご一緒させて頂きましたが、

かなり良いフィーリングとのインプレッションを頂戴し嬉しい限り。

最近は私もEPIC EVOに乗り始めました。

XCバイクに限定するには勿体ない、楽しいハンドリングと気持ちのいいペダリング。

最近のXCレーシングバイクは、こんなに楽しいバイクだったんだと再認識。

レーシングなイメージで本筋が隠れていた様な気がします。

マウンテンバイクは様々なジャンルで細分化している為、

セレクトのポイントがなかなか見出せなくビギナーでは

難しいポイントの一つだと思います。

是非、一度GROVEへお気軽にご相談くださいませ。

 


2019.Feb. 16

OAKLEYより新作サイクル向けアイウェアが入荷致しました。

『SUTRO』

大胆なハイラップシールドはトレンドかつアーバンな印象。

そしてルックスだけでなく保護や視界の確保にも大きく寄与。

UNOBTANIUM NOSEPADS は汗をかく事で更なるグリップ力を発揮しアイウェアをしっかりと保持。

アンオブタニウム…架空素材の名称で不可能を可能にするなんて意味のようです。

掛けてみると兎に角このパッドのフィーリングがグッド。

ユーモアとも自信の現れともとれる名称がしっくりとくるほどに。

SUTRO  MATTE BLACK W/PRIZM ROAD ¥22,000-(税抜)

是非店頭にてお確かめください。