2018.Nov. 16

今週は、全く初心者の二人の友人と3人で河口湖でゆるポタ。

初心者を走らせるにはそれ相応のニンジンが必要。 っとことで、

テーマは以前から興味があった吉田うどんRideに決定!

初心者2人と自転車3台を積込み一路、河口湖へ。

平日なので渋滞もなく、10:30に湖畔に到着。

吉田うどん目指してポタリングスタート。

先ずは『研考練』さん。

 

ここは変わり種な吉田うどん。

よ~くみてくださ~い、なんとうどんが揚げてあるんです。

『 揚げ出しうどん 』 これは美味しい。 ダシも優しい味。

初っ端からの登り基調で疲れ気味の初心者2人もテンションUP(笑

1本目のニンジンが効果大!

空気が澄んでいて富士山がキレイ。

富士吉田市内のどこで走っていても視界には富士山。

サイクリングもより楽しく。

ダシを吸ったうどんでお腹の膨らみを感じつつ2件目到着。

  

2件目はよくお店の前を車で通過していたので、一度食べてみたいと思っていた『あらきうどん』さん。

桜肉が入るスタンダードな吉田うどん。

このゴツゴツな腰の強い食感がいい感じ。

私は生卵が入った肉玉。  桜肉と出しが効いたうどん汁が堪りません。

当日の冷たい澄んだ空気が、アツアツのうどんと相性抜群。

食が進みます。 そしてテーブルにある薬味がコレ。

私が大好きな富士吉田の薬味『すりだね』。

山椒が効いた辛みはシビレも効いて癖になる辛さ。

後半にかけて足していくと、優しいうどんのダシにパンチが出てきて楽しめますよ。

お腹がいっぱいいっぱいになったとこで河口湖へポタリングスタート。

このキツめの満腹感を片付けるには走るしかありません!

振り返ると河口湖大橋からの富士山。

くぅ~。 とっても富士山がキレイじゃないですか♪

ごわごわ極太のうどんが汁を吸って胃袋がパンパンで気持ち悪くなりかけていたところ。

富士山に救われました!!(嬉

空気が気持ちいい。呼吸するのが楽しくなりますね。

のんびりポタリングは湖畔に沿って進みます。

これまた想像以上に良い赤が出ていてキレイ♪

お気付きですか?

そう。バイクはダートジャンプ&ストリートバイクのSPCIALIZEDのP3。

ほぼついてないようなサドル高とシングルギア。

初心者とのライドなのでハンディのつもりが自虐でしたね、完全に・・・(笑

20kmを過ぎるとさすがに・・・自虐です(笑

今度は黄色と赤。 澄んだ空の青と合わせてキレイ。

大きなアップダウンもない河口湖畔。気持ちのいいポタリングになりました。(自虐ですが・・・

ロードでは何周もしたことはあるんですが、のんびりと湖畔をポタリングしたのは今日が初めて。

私の中では今年一番の天候に恵まれた河口湖。

初心者と一緒だと視野も広がりますね。(バイクの選択ミスで自虐でしたが・・・

お気に入りのベーカリーカフェでパンと暖かいコーヒーを頂き、車に戻ったのが16:00。

なので、約30kmを5時間かけてポタリングしたことになりますね。

いつもとは違った一面をたくさん見る事ができました。

そして夕暮れの富士山。

一日、様々な角度から眺めた奇麗な富士山。

今シーズンは3週に続いて天候に恵まれた紅葉Ride.

是非、皆様も富士吉田うどん(2杯も食べればパンパンですが・・・)ポタリングいかがでしょうか?

 

もう冬はすぐそこ。

次はどこいこうかな。


2018.Nov. 12

2018 HONZO CR DL/HONZO CRを台数限定でのスペシャルプライスにてご用意させて頂きました!!

このバイクをこのプライスタブでご案内できるなんて夢のようですね!

こんなに魅力的な2車種をビックリする程の条件でのご案内は、もう2度とないと思います!(笑

まずはHONZO CARBONのキャラクターが良くわかる『 Dejavu  』を絶対見るべし!!

Déjà Vu – Honzo Carbon from Kona Bikes on Vimeo.

どうでしょう?

こんなライディングがしたいんだよ!というライダーも多いハズ。

HONZOのライディングフィールは、29erなんて先入観は必ず破壊してくれる、

※いや、僕は破壊された被害者ですが(笑

ホイールの外径を意識させないライドフィールは、映像のようにバイクをスキルで振り回しやすい!

非常にコントロールし易く、一言で『 楽しい 』バイクに仕上がっています。

長めのストロークを持っているフルサスユーザーや、シリアスなXCレーサーのトレイルバイク、

初めてのマウンテンバイクバイク、もうどのようなライディングスタイルにもお勧めできるバイクです。

   HONZO CR TRAIL DL ¥418.000-(税抜)が!!

   CASH PRICE 45% OFF!!¥229.900-(税抜)

ブルーのフレームが眩しい、CR/DLグレード。

シマノコンポーネンツ SLXを基本としたパーツアッセンブル。

 HONZO CR TRAIL  ¥342.000-(税抜)が!!

    CASH PRICE 45% OFF!!¥188.000-(税抜)

こちらは、ブレーキに至るまでSRAMグループアッセンブル。

フロントのチェーンリングは鉄板リングだったりとコストダウンしていますが、

なかなかいいバランスのアッセンブル。

痒い所には手は届いてます(笑

この2台、プライスで行けばCR DLグレードが断然コスパ高し!!

もう、自分が欲しくて堪りませんが(笑

皆様にご用意させて頂いた特別な2車種となります。

この機会に是非、ご検討くださいませ。

 

前回の白馬岩岳紅葉ライドも前前回の林道紅葉ライドもこのバイク、う~んベストマッチ♪

もちろん、PROCESS134DLも最高ですけどね!(笑

 


2018.Nov. 5

S-WORKS純正装備のCARBON BARを使用していて全く持って不安など感じていなかったのですが、

STEMのレングスを、50mmに伸ばすのを切っ掛けに35Φへアップデート。

そこで悩むのが、ど~のハンドルバーメーカーいするのか。

CARBONである事と、信頼性が高いという事。

そこでセレクトしたのが『 RENTHAL 』

エンジン付き2輪車業界では、日本国内メーカーにアルミ製ハンドルバーを

OEM供給していた実績があるんです。※今回はカーボンですが(笑

OHLINSにRENTHALの2ショットにはグッときますね☆

ハンドルバーは、FATBAR “LITE”CARBON 760mm/35Φ

ステムのAPEX35Φ 50mmを採用。

   

このステムの特徴は、7075材を使用するクランプ部には240°クランプを採用。

きっちり密着するので組み立てていて気分が良い。

気になる重量は・・・

S-WORKSの純正組み合わせは384g。

幅は760mmにカットしてあります。 ステムのレングスは40mm。

ステムは50mm、ハンドルはFATBAR LITE CARBONで幅は同じ760mm。

その差は60gの軽量化へ。

この景色みて走るの気持ちいい。

実際に使用した印象は、ハンドルバーの外側に向かうにつれて自然な『しなり』を持っています。

驚くほどの『しなり』を感じていたのでしなりの大きいハンドルバーは好みではない自分は、

正直不安でした・・・。

実際に走り出してしまえば、しなりによる違和感な皆無。

ステム付近やベントされている付近のしなりは殆ど感じることはなく、

あくまでも外側に向けて自然な感覚でしなりがあり、

明らかに衝撃の角が丸くなったのが体感出来ました。

これは期待以上。コレはお勧めハンドルバーの殿堂入り。

末永い相棒になりそうです。

世界中のライダーから支持されるRENTHALのハンドルバー。

手の振れるところだけに、違いも体感しやすい部分。

今現在使用のハンドルバー次第では、ライディングフィールが雲泥の差に感じることもあるかもしれません。

ライズも10mm、20mm、30mm、40mmのラインナップ。

ステムは、31mm、40mm、50mm、60mmと細かい設定があります。

この他にも、ダウンヒルで使用できるモデル、アルミバージョンもラインナップ。

特にSPECIALIZEDにスペックされている780mmワイドのライザーバー、約370gとヘビー級。

軽量化と快適性、操作性とハンドルバーは意外と重要なセクション。

雰囲気だけでセレクトするのは勿体ないですね。

悩ましいサイズはお気軽にご相談ください。

 


2018.Nov. 3

2019 CANNONDALE SLATE APEX1

メーカー定価¥340.000-(税抜)

先日のダートライド中にSTAFF間の会話で、『2人でSLATEできたらピッタリだよね~♪ 』

なんて会話に上がるほどのバイク(笑

アスファルトでもダートでもトレールでも、ライダーのセンスとスキルでいかようにも楽しめる。

そんなバイク。

自分自身が実際にライドした時の印象もまさしくその言葉の通り。

アスファルトのアプローチから林道に入り、廃道やトレールに入いる。

道の境界線に捕らわれないボーダーレスなバイク。

例えるならそんな言葉でしょうか。 まさに楽しみ方はライダー次第。

ワクワクしますね。

最近、カタログやWebでは分かりずらくなったフレームカラー。

太陽光だと全く違う印象に。

リアのスプロケット周りは、メインになるフィールドに合わせてギア比を調整するのもオススメ。

2019モデルに採用されたタイヤ。 スキンサイドがバイクの雰囲気を演出しています。

2018モデルに採用していたスリックタイプからブロックタイプになり、

滑り出しやトラクションの抜け方が感じやすいかもしれません。

 

そんな可能性が詰まったバイクで、通勤からエクササイズ。

そして週末のRide。

様々な可能性がギュウギュウに詰まったSLATE。 お勧めです。

 


2018.Nov. 2

今回は紅葉を求めてマウンテンバイクツーリング。

紅葉のタイミングや天候にも恵まれ、今回は画像を多めに掲載します☆

今回使用したバイクは、2017 KONA PROCESS134DL 林道ツーリングに備えます。

 

リアのサグは30%→25%へ、更にリバウンドを2クリック締め。

フロントも20%にサグを減らし、ペダリングとフラットダートに備えます。

エアも高くして走り出したんですが、転がりのフィーリングが良くなるところまで調整しながらセットアップ。

良く走るんですが、斜度があると重い・・・。 のんびりと走るのは丁度良いけどしんどかった(笑

新しいMyBikeの導入を・・・・!?(笑

で目的は、奇麗な紅葉を見ながらのランチ。

ここは橋の緑と紅葉のバランスがいい感じ。

スケール感が伝わりますか?(笑

気持ちのいい朝日を浴びながら程よく整備されたダートを進みます。

ウエアーのセレクトは7分丈のBIBショーツにオーバーショーツはENDUROパンツ。

アンダーはSKINFOIL EARY WINTER、

アウターはSPECIALIZED THERMAL MAOUTAIN LS JERSEY。

一番の心配事だったウエアーのセレクトは大当たり。

寒暖差のある季節こそウエアーが重要。

エメラルドグリーンが印象的。とっても奇麗。

路面のコンデションも最高。

紅葉の鮮やかさに2人でテンションもあがります(笑

得意のこのメニューとコーヒー。そしてオプションのドーナツ(笑

それはもう至福。

山間部の谷間を走る為、日が陰ると冷気を感じます。

落石も多く気が抜けません。

日向の日蔭のコントラストも奇麗。

この後、お約束のごとく川ポチャ、PROCESSが水没(笑

車に帰ってくるとホッとします。

今回のRideは冬の澄んだ空が今回の旅に、様々な色付けをしてくれました。

その時その瞬間を満喫できたRide。

この後は、温泉でダートで強張った体をほぐし

二人で満天の星空の下、火を囲みRideの余韻を味わい夜が更けていきました・・・。

次はどこに行こうかな。


2018.Oct. 23

1

2018年デビューし話題となったの入門用 XCマウンテンバイク CHIZEL COMP29 Mサイズが

ラスト1台のみとクリアランスプライスにてご案内です。

2018  CHISEL COMP 29 Mサイズ 1台限り

メーカー販売価格¥155,000-⇒¥131,750-(税抜)更にポイント還元

・ROADバイカーのスキルUP。

・通勤や街乗りバイクとしても使いたい。

・林道などのアドベンチャーツーリング。

・漠然とマウンテンバイクが欲しい。

などなど、様々なニーズにオススメできる1台です。

あえてクロスバイクでなない選択しとしては、色々と世界が広がっていきます。

アルミクロスカントリーバイクとしての作りの良さと、

アルミフレームならではのお求めやすい価格。

非常に良いバランスと思います。

是非、ご検討くださいませ。

5

7

8

 

4

 

当店にて自転車をご購入頂いたお客様に、末永くサイクルライフを楽しんで頂ける様“5つの特典”が付随した
PREMIUM MEMBER’S CARDを発行させて頂きます。

詳細はこちらをご確認くださいませ。

 

 

 


2018.Oct. 22

先日、納車したばかりの2018 SPECIALIZED ENDURO COMPのご紹介です。

ライダーはまだ中学生。

以前は26インチと24インチハードテールを使い分けていたのですが、

今年の急な成長を機に、27.5ホイールのENDUROへスイッチ。

参考までに身長は約155cmとのこと。

以前のバイクからの載せ替えとライディングスタイルに合わせた、

仕様変更を行い納車させて頂きました。

クランクアームを165mmに変更(まだまだ長いですが・・・)

合わせてチェーンリングを、デフォルトの重い鉄板の物から36Tへ交換。

32TがMAXとなる純正のチェーンデバイスを軽量な77Designzのものへアップデート。

ダウンヒル系のレース出場に合わせてSLIDERも装着。

ペダルは不意に外れることが重なった、SHIMANOのSPD TRAILペダルから

CRANK BROTHERS Mallet DH Race 『 LOIC BRUNI EDITION』へ変更。

先日の世界戦2連覇が記憶に新しい、LOIC BRUNI。

SPECIALIZEDのバイクにはコレでしょう!なマッチングですね。

インプレッションは、よりフラットペダルの意識で乗れるようになり、

SRAMパークでのライドでも一日中、不意に外れることは皆無になったの事。

これでライディングに集中できますね。

ハンドルバーは、S-WORKS CARBONバーへ変更。

出来るだけ現在の体格に合わせてSTEMも35mmにショットリーチ化。

そして使用しないドロッパーポストを外します。

身長との兼ね合いで股下に余裕が少ない場合は、軽量化と相まって効果は絶大です。

そしてチューブレス化を行い、ペダル込みの総重量は、13.8kg。

思っていたより軽く仕上がった印象を持ちました。

 

なかなかのスムースなライディングスタイルを持つライダー。

また、一緒にライド出来る日が待ち遠しい限り。

それ以前に、彼とライド出来るスキルを身に付けておかないとダメですね(笑

 

 


2018.Oct. 17

SmileBikeParkはGROVEからマウンテンバイクで一時間弱、

お車なら空いていれば30分を切るアプローチの良さ。

昨シーズンは、中級者からジュニアライダーまでご好評いただきましたマウンテンバイクイベント、

『 グットモーニングライド 』

今シーズン、第一回目の飾るのは11月4日(日)になります!!

 

GROVE STAFFは、8:30~11:00の間でRideしています。

参加ご希望の方は、メールもしくはTELにて参加表明をお願い致します。

 

■ MTBグットモーニング Ride IN 『Smile Bike Park』

9:00~11:00まで2時間みっちり乗りましょう!

XCバイクやフルサスバイク、ハードテール、ジャンルは問いません!

お気軽にご参加ください!

日時: 平成30年 11月 4日(日)

※悪天候の場合はSmileBikeParkさんの営業の是非より中止の判断と致します。

時間: 8:30ゲートオープン 9:00 ~ 11:00頃迄

※参加ご希望の方は、GROVE宮前平店までご一報ください!

※途中参加、途中離脱して頂いても大丈夫です。

 

場所: Smile Bike Park

住所: 206-0822 東京都 稲城市東京都稲城市坂浜734

※現地集合、現地解散となります。

 

SmileBikePark H.P  :http://nondakuremono.babymilk.jp/

フェイスブックページ :https://www.facebook.com/SmileBikePark/

利用料金:大人 1日 ¥3,000-  大人3時間 ¥2,000-

小学生以下 ¥1,000-

プロテクターセット ¥1,000-

※思わぬ怪我の予防の為、プロテクターの着用を必至となります。

皆様のご参加をお待ちしております!

お気軽にご参加くださいませ。

※参加者把握の為、ご参加希望の方は恐れ入りますが、ご一報をお願い致します。

※GROVE各店で自転車を購入頂いた方を優先させて頂きます。


2018.Oct. 14

秋真っ只中の富士見パノラマにて、今シーズンラストとなるゲレンデライドイベントを開催しました!

シーズン終盤、集大成イベントともいえるパノラマRideイベント

私が印象に残ったのは、毎回ご参加頂いております参加ライダーのスキルUP。

ほんとうに嬉しく感じました。

これはもうのんびりしてはいられませんね!(笑

来シーズンに向けて練習しないと、すぐにでも追い越されそう(嬉

久しぶりに『寒~い』と漏れてしまうような、冷たい空気中

ジャケットやパーカーを羽織ってのライド。

誰だか、ドイツ見たいな風景だなんて言ったとか言わなかったとか(笑

ゲレンデ左手になるこのエリアは初心者から楽しめる、アップダウンやバンクなど様々な

マウンテンバイクRideを体験&遊び倒すことが出来ます。

それぞれの楽しみ方で各々が自然とスキルアップ出来る。そんな印象を持ちました。

私は実際に声が出る程楽しかった(笑

富士見パノラマはそのスケール感から、ゴンドラで山頂に上がると必然的に運動量(距離)が伸びていきますが、

2人乗りのリフトで楽しめるスキルアップパーク比較的短めなトレールルートは体力的に不安な

初心~初級者も楽しめるボリューム。

お子様とライディングを楽しむことも出来ますね!

私も楽しくライドできたので、ライド翌日でも、もう走りたくなってます(笑

天候も紅葉も良い、ライダー日和。恵まれた1日となりました。

ご参加頂いた皆様、有難う御座います!

マウンテンバイクにシーズンオフはありません!!

これからのウインターシーズンもRideイベントも企画中です。

 

 

次回のマウンテンバイクイベントは・・・・・。

11月4日(日)宮前平からほど近い稲城市にあるSmileBikeParkさんにて

『グットモーニング ライド』を開催します!

GROVEから自走で小一時間、車で30程の距離です。

皆様のご参加お待ちしております。

 

 

※GROVE各店、系列店でバイクをご購入いただいた方を優先とさせていただきます。

※定員・最小遂行人数がございますので、詳しくはお問合せ下さいませ。

 


2018.Oct. 2

2019 SPECIALIZED ROCKHOPPER PRO 1X29er メーカー販売価格¥130.000-(税込)

本日納車の29インチマウンテンバイク。

SPECIALIZEDのロゴがクローム使用し、艶消しのブラックと相成ってまるでS-WORKS !?

と思わせるようなルックスの仕上がり。

入門用マウンテンバイクの位置づけながらフロントシングル仕様。

このバイクなら河原の砂利道やストリートの段差がフィールドに。

重いアルミバーは、W-WORKS カーボンライザーバーに交換。

プラスティックのノーマルペダルも、回転性能と剛性を考えSHIMANO GR-500ペダル。

使いやすさと耐久性を考えたパーツ交換です。

このバイクでマウンテンバイクの魅力に触れて頂ければ嬉しい限り。

フィールドでご一緒出来る日が楽しみ。

ありがとうございました!!