2019.May. 17

2019モデルが発表の際にマウンテンバイカーから注目を集めたEPIC EVO。

SPECIALIZED 本社STAFFが乗るバイクから考案されたのがこのバイク。

XCレーサーEPICは優れたペダリング性能を持ち、Eデフォルトでスペックされるフロントフォークを

フロントタイヤの接地感と操作性の向上を狙い20mmストロークUPの120mmフォークをアッセンブル。

 

デメリットもありますがシリアスなレーサーではない限りメリットの方が大きいスペック変更です。

より楽しいライディングフィールにメーカー純正チューニングを施されているのがこのEPIC EVOになります。

リアサスペンションと聞いて、重量増やペダリングフィールの悪化などネガティブなイメージも。

そんなイメージを払拭るのが、EPIC最大の特徴でもあるBRAIN2,0。

ショックユニットの取り付け位置から伸びたホースの先に位置するのがBRAIN2,0システム。

このシステムがトレールライドで楽しく舗装路でさえも楽しいフィーリングを演出しています。

単純なロックアウトシステムではなく路面からの衝撃にセンシティブなシステムを内蔵。

オイルの通路は2系統あり、サスペンションの動作をアクティブにコントロール。

ライダーからの入力では反応せず、路面のギャップには反応。

このシステムの介入がライディングに嫌なフィーリングを与えない為、

快適なペダリングフィールと違和感のないサスペンションフィールに仕上がっています。

システムの介入が4段階にアジャストが可能になっており、

まるでハードテールのようなフィーリングから、100mmストロークとは感じさせない

奥行きのあるストローク感までをシチュエーションに合わせて簡単に調整可能。

4段階なので難しいセッティングの知識も必要ありません。

 

むむむっと、感じた方は先ずこの映像を見るべし!!

最近のXCレースコースがテクニカルになりリアサスペンションの必要性が大きく、

ヒルクライムでのペダリング性能を確保しながらダウンヒルセクションでは有利に働く。

そんなレースシーンで培われた技術が、メインフィールドがレースでは無くても

乗って“ 楽しい ”バイクに仕上がってるんです。

BMXコースでのライディングはカッコいいの一言ですね。

EPICの幅や奥行きを感じるのにはピッタリの映像と思います。

ツーリングや林道ライド、大滝100kmなどのセルフディスカバリーイベントにもピッタリ。

乗り方のスタイルによってステムのレングスをセレクトすれば、1台で幅広い遊び方が出来るハズ。

一台持つならこのEPIC EVO。

とっても魅力的なバイクに仕上がってます。

GROVE宮前平お勧めの1台です。

 


2019.May. 5

2019 SPECIALIZED ENDURO COMP27.5 メーカー販売価格¥380.000-(税抜)

Webや印刷されたペーパー上と日差しの下では、

大きく印象が変化するBattleshipカラー。

ENDUROは170mmのサスペンションストロークを持つため、

イメージからか敬遠されがちな印象があります。

実はイメージよりも想像を超えて軽快なライドフィーリングをもっています。

最近では他メーカーも多く採用し始めたホルストリンク形状のリアサスペンション。

第一印象で『良く進む』というインプレッションをよく耳にします。

熟成の進んだFSRシステムと、2.97:1という特殊なレバー比を採用しているサスペンションユニット。

搭載されているリアユニットは、ENDURO専用にチューニングされているんです。

決して、モサっとした持て余すようなフィーリングではありません。

例えるなら”軽快かつ懐が深い”が近いでしょうか。

DMR V12ペダル。

ポリッシュシルバーがバイクと相性抜群。

ペダルボディの大きさも程よく、踏み面はどことなく懐かしいフィーリング。

お勧めペダルのレギュラー入りですね。

私も愛用のSWATシステム『BANDIT』。

SPECIALIZED 製のサドルには、2つのボルト穴がありそこを利用して取り付けます。

KITにはしっかりとした金属製のマウントとタイヤレバーが付属。

CO2ボンベとCo2のバルブを収納することができます。

エンデューロバイクに取り付ける方法としては、

非常にスッキリと、尚且つしっかり固定出来るのでギャップで

ツールやチューブが暴れることがありません。オススメです。

試乗車のKONA PROCESS134DLにもSPECIALIZED のサドルと共に採用していますが、

便利なシステムの一つ。

もちろん、納車準備を終えたこのバイクはチューブレス化も施工済み。

納車整備時にパリッと仕上げて、バイクの素性を十二分に生かした

安全で楽しい良ライディングを楽しんでください!

 

 


2019.Apr. 30

一緒にお店を盛り上げてくれる

スポーツバイクが好きな笑顔で接客が出来るスタッフを募集致します。

雇用形態  : 正社員、アルバイト

仕事内容  : 接客販売、自転車の組立、修理、メンテナンス、発注業務、SNS投稿、その他サポート業務

好きな自転車を「乗る」、「話す」、「触る」を仕事にしたい方歓迎です。

詳しくはこちらをごらんくださいませ。 → スタッフ募集詳細


2019.Apr. 5

当店展示車と同じスペックのPROCESS153 DL27,5を試乗する機会に恵まれました。

私がフィールドで存分にRideした印象は『 乗り易い 』の一言。

以前、PROCESS134DLに乗っていた頃の良いフィーリングが残されていて気持ちいい。

実際の重量感とは裏腹に速度域が上がってくると、『 ふっと 』と軽く感じる感覚と

サスペンションの動きが感覚的に掴みやすいところは特にそう感じました。

間違いなくビギナーにもライディングを習得するのには最適なバイクだと。

150mmクラスのENDUROバイクをご検討中の方は、是非、候補に入れて頂きたい1台です。

PROCESS153 29erとはかなり悩ましい選択となりそうです。

GROVEではMサイズ以上の体格を持つライダーは29er。

Sサイズがジャストのライダーには27,5が良い選択方法とお勧め致します。

もちろん、ライダーそれぞれに楽しみ方のスタイルがあるのでご相談いただければと思います。

 

パーツスペックはNXシリーズ。ユニットは、RockShox DeluxeRT。

このPROCESS153シリーズはリア周りの剛性感は特筆もの。

下半身でバイクを押し込んだ時や、鋭角に向きを変えるようなコーナリングの際に

気持ちよくバイクが反応。

なるほど。 リア回りの剛性に対するメリットはここかと。

またサスペンションの動きに対する反応も剛性が一役買っているのが良く感じます。

これは乗っていても気持ちよく感じる部分。

こちらはサスペンションユニットの取り付け部分。

メカニックとしてはワイヤーの取り回しにストレスを感じないところも好印象。

既にメーカー完売のPROCESS153DL 27,5 Sサイズ。

ゲレンデフィールドのオープンまで間近とせまった4月。

GROVEお勧めの1台です。


2019.Mar. 22

The All New Carbon Process 29 – With Connor Fearon from Kona Bikes on Vimeo.

冒頭からの映像ですが、個人的に何度もみてしいますね。

上手でスムース。 このバイク買えばこう乗れるの?っと錯覚しちゃいますね。

GROVEでは、SPECIALIZED ENDURO、STUMPJUMPERとご紹介させて頂いておりますが、

お次はPROCESS153 29er。

2019KONAで、GROVEが選択肢の一台に挙げて頂きたい29erエンデューロバイクです。

29erのホイールをスペックする153mmストローク前後のエンデューロバイクには

正直に良いイメージはありませんでした。

ライドフィールに癖がありその印象は29ホイールからくるデメリットと捉えたのがその要因でした。

そんな固定概念と化した印象を打ち壊してくれたのが、このPROCESS153 29er

27,5ホイールに乗っているかのようなサイズ感。

ブレーキングではレバーを握る右手の力が明らかに違い、挙動も安定。

斜度がある急なロケーションでの安心感は、27,5ホイールとは別次元。

コーナリングでも、明らかに接地感が高く限界は一つ上がった印象を受けました。

PROCESS153の27,5と29erを同じ日に同じロケーションで乗り比べたのでその違いは歴然。

そしてここが大事なのポイント。

このバイクは『 29erホイールの恩恵がありながら楽しいバイク。』

KONAらしい味付けとも言える魅力としては26ホイール、27.5ホイール、29ホイールと

乗り継いできたライダーが不思議と直感的に乗り易いと感じさせるフレームデザインを、

このバイクは持っているんですね。

2018モデルとはどこの変更も内容に見受けられますが、リンク部分のデザインが大幅に変更されてます。

その目的は剛性アップ。

試乗すると、リアバックの剛性の高さが際立つPROCESS。

2018モデルとはどこの変更も内容に見受けられますが、リンク部分のデザインが大幅に変更されてます。

その目的は剛性アップ。

スキルのあるライダーに試乗させると、リアバックの剛性の高さがまず初めに指摘されるPROCESS。

ベアリングも大口径の物を採用し、耐久性も高くなっています。

日本製もステンレスベアリングに換装すると、飛躍的にベアリング寿命も延びるというデーターも。

サイズ展開はMサイズからになるので、必然とライダーの体格に制限はありますが、

よりメリットの高い選択肢になるのではないでしょうか?

GROVEでは、Mサイズは29erを。

Sサイズが必要な方のために、27,5ではSサイズを店頭でストック。

春のサイクルキャンペーンも開催中。

この機会に是非ご検討くださいませ。


2019.Feb. 18

なんとも言えないBLUEとロケットレッドが相性抜群のEXPERT。

フレームはFACT11mCARBONにROVAL CONNTROL CARBONホイール、

組み合わせるフロントフォークはRockShox SID BRAIN。 Lサイズなので100mmストローク。

気になる重量はデフォルトのスペック、ペダル無しで10,260kg。

※チューブレス化は行っています。

軽量化するポイントは残されているので、これから楽しみの一つとなるでしょう。

グリップはカラーを合わせつつ、一度は使用する価値ありのESIグリップ。

ハンドルは予め720mm幅にカット、合わせてホース類も調整済みです。

納車の際は、ご相談させて頂きながら納車整備のメニューを組み立てていきます。

ハンドルバーのカットやチューブレス化は工賃は発生いたしません。

交換や追加で発生した部品代はお見積もりの際にご相談頂ければと思います。

同色で演出されたロゴがこれまたカッコイイですね!

ワークスバイクのような雰囲気がいい。

COMPとは雰囲気が一味が違った印象ですね。

先日のグットモーニングライドでご一緒させて頂きましたが、

かなり良いフィーリングとのインプレッションを頂戴し嬉しい限り。

最近は私もEPIC EVOに乗り始めました。

XCバイクに限定するには勿体ない、楽しいハンドリングと気持ちのいいペダリング。

最近のXCレーシングバイクは、こんなに楽しいバイクだったんだと再認識。

レーシングなイメージで本筋が隠れていた様な気がします。

マウンテンバイクは様々なジャンルで細分化している為、

セレクトのポイントがなかなか見出せなくビギナーでは

難しいポイントの一つだと思います。

是非、一度GROVEへお気軽にご相談くださいませ。

 


2019.Feb. 8

最近、『STAFFさんは何乗ってます?』とよくご試問を頂く機会がありましたので(笑

2019モデルでデビューした『EPIC EVO』

ワールドカップサーキットXCOやEPIC系のステージレースでも活躍しているリアルレーサーのEPIC

そのEPICに120mmストロークのフロントフォークをスペックしたEVO

そのコンセプトやイメージが伝わる映像がコレです。

先ずは見るべし!!

毎回ですが、自転車のるの上手ですね。

このバイクに乗ったらこんなライディング出来ちゃうの?

と本気で想っちゃった結果がこの私でしょうか(笑

ツーリングみたいな走り方もしたくて、サドルバック仕様にしてみたり。

ドロッパーシートポスト対応タイプを使用しています。

良い雰囲気(嬉  Rideの広がりを感じますね。

の~んびり、四国の剣山スーパー林道あたりをツーリングしたいなぁ~

なんて妄想は膨らみます(笑

もちろんロードバイクにも使用可能。 これからは一つ持っておくと良いアイテムになるかもしれません。

 

ヘッドライドは、SPECIALIZED『FLUX EXPERT』。

手元でモードを選べるリモコン付き。

パッシングモードもあるので、ヒヤリとするようなシチュエーションには便利。

昼間はどうってことのない砂利道でも、夜になるとまた違った楽しみに。

今シーズンはナイトライドにも行きたいなぁ~と、またまた妄想(笑

そんなSTAFFバイクのフレームサイズはLサイズ。

カラーは!サイズ感を見たい!現車を眺めたい!等々

お気軽にお声かけ頂ければと思います。

クリエイティビティで広がるマウンテンバイク。

ジャンルも細分化され、どこからチョイスするのかが難しい一面もあります。

そんな楽しいお悩みは、是非GROVEまでご相談くださいませ。

 


2019.Feb. 5

一言で『乗り易い』んです。

どこが?と続くと思いますが剛性感や操作性を決めるフレームのジオメトリー(寸法)が理由の一つ。

 

そして、パンプトラックで良く進むリアトライアングルとB.Bの高さのバランス。

この良く進む感覚は、パンプトラックで上手に行った時の気持ち良さに繋がるんです。

このP3は、フレームの形状からハードテール(リアサスペンション無し)の

STREET&DARTJUMPにカテゴライズされます。

STREETもDARTもスムースな路面で乗ることが気持ちのいいバイクで、

平面のでのトリックはグラウンドトリックと言いSTREETライディングに分類、

DARTは土の上のパンプトラックやジャンプに分類されます。

 

それぞれに得意とするメーカーやフレーム設計がありますが、

その中でもP3はお勧めできる1台になります。

どんなライディングスタイルでもカバーしやすいフレーム設計なんです。

 

『  なので私の愛車もP3。 』

私のP3はステムの長さやハンドルの高さ、そしてタイヤでフィールドに合わせて対応しています。

特にコーナリングにウエイトを置く場合はポジションにより身体の重心位置を調整した方が乗り易くなり、

グランドトリックやパンプトラック、ダートジャンプなどは得意とするトリックに合わせて

ポジションが変化する傾向があります。

 

メーカー販売価格¥125.000-(税抜)

一見派手なグラフィックですが、マットブラックと相成ってバランスは良い雰囲気。

デカールタイプなので剥がす事も可能です。

 

GROVEのローカルフィールド『  SmileBikePark  』でも十分に走れるSPECIALIZED RENEGADEタイヤ。

2.1サイズでちょうどいいボリューム。

メインで走るフィールドに合わせてタイヤは交換するのがベストです。

BMXレーシングトラック等ではコース保護の観点からブロックタイヤの使用は

望ましくないとしているフィールドもあります。

郷にいては郷に従えですね。

とはいえ、ビギナーにはなかなかイメージ湧かない部分かと思います。

是非お気軽にご相談くださいませ。

 


2019.Feb. 2

メーカー販売価格¥125.000-(税抜)

XC(クロスカントリー)バイクではないハードテールバイク。

登坂性能だけだは無く、スタンディングフォームをメインのTRAILバイク。

トレイルでのハンドリングの性格を決めるヘットアングルは68.5°。

因みに先日ご紹介したSPECIALIZED EPIC HTは69.8°になります。

そして、ライズ(ハンドルバーの上方にたいしての曲がり)があるハンドルバーをスペックし

スタンディングでのライド時は、上半身に適度な余裕をもたらします。

またスローピング(小さな三角形のフレームデザイン)のフレームは、

下半身のライディングフォームを妨げません。

以上の点を含めEPIC HTとは、フレームの材質から価格まで全くの別物になります。

剛性バランス、強度・耐久性、重量などなど。

気持ち良い範囲といいますか、守備範囲がどちらに傾いているかになります。

登りのペダリングから下りでのハンドリングに剛性などがコンセプトに合わせて最適化されています。

またKONAらしい、いい意味で土臭い雰囲気も魅力。

そんなCINDERCONEですが、GROVEでのお勧めの理由は、

MTBの遊び方にしっかりとしたイメージ無くて、

とりあえず街乗り、SmileBikeParkや里山トレイルでも一通り遊べて、

幅広い遊び方があるマウンテンバイクの魅力を十分に体感して頂ける

ちょっと欲張りで街乗りだけでは高級すぎるエントリーバイクになります。

ジャンプが好きになったら、ジャンプバイクのP3に。

下りの魅力に取りつかれたらPROCESSシリーズ。

そんな、マウンテンバイクビギナーの良い切っ掛けになってくれるがCINDERCONEです。

  

エアスプリングを搭載しているフロントフォークに、SHIANO製の油圧ディスクブレーキ。

ビギナーでもライディングの不安をフォローしてくれるポジショニング。

褒め過ぎでしょうか(笑

現在、メーカーが完売中になり再入荷は6月以降とのこと。

マウンテンバイクの買い替え、スポーツバイクの入門編。

気になる方は是非、お気軽にご相談くださいませ。


2019.Jan. 20

 

2018 KONA SHRED20 ¥70.000-(税抜)が!!

   CASH PRICE 35% OFF!!¥45.500-(税抜)

24インチに続き、20インチのスペシャルオファー。

KIDSは成長も早く乗換えのタイミングお早い為、良いバイクを良い条件でとの思いで

台数限定にて用意させていただきました!

とにかく、KIDSは自転車の乗り方はのみ込みが早い!

成長もあっと言う間ですが、スキルの上達もあっという間なんです。

そんな自転車の基礎を体感して修得するのにはマウンテンバイクはいかがでしょうか?

もちろん、普段使いでも使用できます!

なんと、油圧ディスクブレーキをデフォルトでスペック。

手の小さいKIDSに合わせられる様、ブレーキレバーに調整機能も装備。

フレームももちろん頑丈。 ガンガン飛んでも跳ねても安心。

跨ぎやすさ、足つき性を重視したフレームデザイン。

なんといっても、いい感じに発色したブルーがカッコカワイイ!

フロントサスペンションも付いているだけだは無く、

ライダーの体重で微調整できるAIR調整式サスペンションを表重装備!!

かなりの本格派、KIDSバイクです。

サイズ等は店頭にて跨って頂ければバッチリです。

最近は冷え込みも厳しいですが、順番的には次は春(笑

マウンテンバイクを親子で初めて思いで作り。

KONA SHRED20 お勧めです。